フォニックスを学ぶならネイティブキャンプが一番お得!?子供のオンライン英会話

オンライン英会話

こんにちは。
バイリンガル子育てブログを運営しているAyaです。

子供のうちは耳がよく、きれいな英語の発音が身に付くからフォニックスを学ばせてあげたい!

と、考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな時に便利なのが、オンライン英会話のネイティブキャンプ。

先生と声に出してフォニックスを練習できるのはもちろん、低価格で毎日レッスンを受講できるので、爆速でフォニックスを身につけることができるのが特徴です。

実際に、うちの子供は6歳から毎日オンライン英会でフォニックスに触れていたら、小学校入学前に英語が読めるようになりました。

英語の学習を始めたのは5歳の時からなので、たった1年半ほどで英語を読めるようになったことになります。

▼ 英語が読めるようになった体験をまとめたブログ記事

現在、我が家はおうち英語をはじめて7年目。

親子合わせて10社以上のオンライン英会話を受講してきました。

そんな中で、ネイティブキャンプのフォニックス学習がひときわ輝いているのがコスト面!

一人勝ち!と言ってしまっても良いのではないかというレベルでネイティブキャンプは安いです。

もちろん、使っているテキストも良質なフォニックス用テキストで、安かろう悪かろうみたいなことはありません。

何がそんなに安いかというと…

・テキストの購入不要!無料で使える。

・毎日レッスンできて6480円

他社と比較しても、ネイティブキャンプのお得感は半端ないです!

そこで今回は…

①ネイティブキャンプのフォニックス学習がなぜ安いのか

②どんなテキストでフォニックスを学べるのか

③ネイティブキャンプのデメリット的なこと

ネイティブキャンプはどんな子供に合うのかがわかるように、この3つをまとめていきたいと思います!

ネイティブキャンプ
公式ホームページ

ネイティブキャンプでフォニックス学習が安い理由①テキスト購入不要

ネイティブキャンプはカランメソッドなどの特殊な学習を除いて、ほぼテキストの購入が不要です!

なぜなら、Web上にテキストを表示してくれるから。

例えば、世界的に人気の子供向け英語学習テキストLet’s Goのテキストは1冊2000円。

さらに、フォニックスに特化したLet’s Go Phonicsは、Amazonで1冊5000円くらいで販売されていることもあるほどの教材。

これが、無料で使えるのはかなり助かりますね。

ネイティブキャンプならテキストを無料で使える

ネイティブキャンプでフォニックス学習が安い理由②月額料金

ネイティブキャンプの月額料金は月額6480円。

そして、毎日、何度受講してもOKなことでも有名ですね。

この価格は、子供向けオンライン英会話と比較するとかなりの低コストなんです。

フォニックス学習ができる他のオンライン英会話と比較します。

 受講回数/月月額料金(税込)
ネイティブキャンプ無制限6480円
リップルキッズパーク 週1回/月4回
週2回/8回
週3回/12回
週4回/16回
週5回/20回
3122円
4888円
6722円
8352円
9953円
ハッチリンクジュニア 月4回
月8回
月12回
月16回
月20回
月30回
3036円
4054円
5907円
7944円
9676円
12222円
QQキッズ月4回
月8回
月16回
月30回
2680円
4380円
7348円
10648円

毎日レッスンする場合は、いかにネイティブキャンプがお手頃価格かが分かりますね。

特にリップルキッズパークや、ハッチリンクジュニアは、同じLet’s Goのテキストで学習することができるのに、価格差が大きいですね。

レッスン回数を多く受講するほど、ネイティブキャンプの方がコストが抑えられる!

できるだけ毎日レッスンして英語力を爆速で伸ばしたい方にはネイティブキャンプはもってこいのオンライン英会話です。

しかも、家族と一緒に契約すれば2人目からは同じサービスを月額1980円で受講することができます!

▼ ネイティブキャンプの詳しくは下記のブログ記事にてまとめています。

兄弟受講をしている子供たちがネイティブキャンプを選んでいる家庭が多いのも頷けますね。

ネイティブキャンプ
公式ホームページ

では次に、どのようなテキストを使ってフォニックスを学習できるのか見ていきます。

ネイティブキャンプでできるフォニックス学習

Let’s Go

ネイティブキャンプの子供向け教材の中でも、聞く・話す・読む・書くの英語4技能を総合的に学べるのがLet’s Goです。

世界150カ国で使用されていて、このテキストを採用しているオンライン英会話も複数あるほど人気の教材です。

レベルは英語初めての子供〜英検準2級の内容まで学習できる構成になっています。

実際にうちの子供が6歳で英語を自力読みしたのはLet’s Goがきっかけだったので、口コミの評判の良さもありますが、個人的にもとてもおすすめのテキストです。

Let’s Goの特徴は歌やチャンツがレベル4のテキストまで随所に散りばめられていることです。

子供だからこそ効果のある韻を踏んで英語を発音する学習法で、英語の音の感覚を体得することができます。

単語学習の中でも、Aをアルファベットのエイと読むだけでなく、アッというフォニックスの読み方を学習することができます。

絵とスペルを見ながら発音することで、次第に英語を読む感覚を身につけることができます。

▼ Let’s Goで学習できるさらに詳しい内容は下記のブログ記事にてまとめています。

Let’s Goはフォニックスだけを学ぶ学習ではなく、英語4技能(読む・聞く・話す・書く)にアプローチする学習なので、バランスよく学習できる!

Let’s Go Phonics

フォニックスに特化したLet’s Go Phonicsでは、全3冊のテキストを使って体系的にフォニックスを学ぶことができます。

<1冊目>
単音(例:a b c)の発音

<2冊目>
母音や2つ以上のアルファベットが混ざった時(例:th)の発音

<3冊目>
イレギュラーな音の決まり(例:複数形のsやes)の発音

ネイティブ圏でも幼稚園から小学生にかけてしっかりフォニックスを学習しますが、それを再現できている内容です。

例えば、アルファベットのPのページであれば、まずは大文字小文字を学びます。

その後に、実際に絵とスペルを見ながら先生と一緒に発音を練習して、pの音を学習していきます。

▼ Let’s Go Phonicsで学べる詳しい内容は下記のブログ記事にてまとめています。

ネイティブキャンプのフォニックス専用教材Let’s Go Phonicsでは、体系的にフォニックスを学べる

ネイティブキャンプの子供レッスン
デメリット編

今までネイティブキャンプでフォニックスを学ぶ良さを見てきました。

学習を始めてみたけど、思っていたの違った…

なんていうことがないように、ネイティブキャンプが子供には使いにくいと思った点も取り上げていきます。

① 同じ先生とのレッスンができないことが多い

② 先生がみんな子供のレッスンが得意とは限らない

③ 週1〜2回程度のレッスンを希望している人には向かない

理由を詳しくみていきます。

同じ先生と会いにくい

ネイティブキャンプはレッスンの予約が不要です。

この、予約が不要というところが思い立ったらすぐレッスンできて、子供がレッスンを受ける気になればすぐに受講できるのはメリットではあります。

その反面、「いつもの先生」に会いにくいんですね。

ネイティブキャンプのホームページやアプリを開いた時に、空いている講師とレッスンをします。

そのため、同じ先生に出会えないことがほとんどだと思った方が良い環境です。

ここが、先生の予約を取るオンライン英会話との大きな違いです。

もちろん、ネイティブキャンプでも予約制度がありますが、オプション料金100コイン(200円相当)がかかってしまいます。

安いはずだったネイティブキャンプが、講師予約を希望した途端に高額のオンライン英会話に早変わりしてしまいます。

ネイティブキャンプはどんな先生でもOK! という子供に向け

子供がなじんでいる先生に教えてもらいたい!という先生重視派の場合は、ネイティブキャンプは合わない可能性があります。

同じ先生を選びやすくて、子供のレッスンに慣れているオンライン英会話が良いのなら、Let’s Go教材のあるリップルキッズパークがおすすめです。

先生がみんな子供のレッスンがうまいとは限らない

ネイティブキャンプは、バーチャルキャラクターの先生(中身は多分フィリピン人講師)のレッスンを受けることができ、子供向けの先生もいます↓

ただ、受講生の多くは大人なので全員の先生が子供のレッスンが得意かというとそうでもないことも…。

レッスンをしてもらうことはできますが、子供向けのオンライン英会話のように笑顔が多い先生ではなかったり、ちょっとした声かけや遊びのコツなどを掴んでいない先生もいます。

価格が安いからと割り切って、思った感じの先生でなくてもがっかりしないマインドが大切

先生を探すときに、「こども対応可」の特徴で絞り込めば、ハズレの先生だったな、と思う先生を回避できるので、ぜひ使っていきたいですね。

週1〜2回のレッスンなら他社もあり

初めに、ネイティブキャンプの月額料金が他のオンライン英会話と比べて安いことをお伝えしました。

ただし、2日に1回以上くらいのペースで受講した場合の話で週1回程度だったら、他社の方がもちろん安くなります。

習い事で忙しい場合は、他社の検討もあり!

うちの子供が6歳で英語を読み始めたとき、ほぼ毎日オンライン英会話のレッスンを受けていました。

25分のレッスンは、私が夕食の片付けをしている間に受講させていました。

初めは勝手がわからずレッスンの付き添いをしていましたが、1人で受講できるようになってからは、家事を邪魔されることがなくなり子供はレッスン、私は家事と、お互いwin-winのとなりました。

子供に無理はさせられませんが、爆速でフォニックスを習得したいのであれば、ほぼ毎日オンライン英会話のレッスンに触れることも検討してみても良いかもしれません。

最後に

今回は、ネイティブキャンプでフォニックスを学習するおすすめのポイントや教材のこと、そしてデメリットをまとめました。

ネイティブキャンプはなんといっても月額料金がとってもお手頃です。

さらに、フォニックス学習に向くテキストの購入は必要なく、画面上で閲覧無料で使えるのもメリットと言えます。

また、人気教材のLet’s Goやフォニックス専用教材Let’s Go Phonicsがある点もフォニックスを学習したい子供たちにはありがたい点です。

今回のブログ記事が、ネイティブキャンプで英語のレッスンを選ぶ際の参考になればうれしいです。

ネイティブキャンプ
公式ホームページ

タイトルとURLをコピーしました