公文英語を市販教材で置きかえ学習できる!?【レベル別に解説】

おうち英語

こんにちは。
バイリンガル子育てブログを運営しているAyaです。

公文英語に興味があるけど、7000円を超えるお月謝を払ってまで効果があるのかな?

子供の年齢によっては学習できる内容も簡単なので、市販教材に置きかえて学習する方法を探している方も多いのではないでしょうか。

我が家は2人の子供を公文英語に通わせていますが、公文英語のA3〜D教材(幼児から小学校4年生レベル)までは市販の教材やワークブックで十分だと感じました。

また、小学校から英語学習が始まった今、たくさんの子供向け英語教材が出ているので、E教材以降も市販教材で公文英語風の学習はできます。

そこで今回は公文英語を習う2人の子供を持つ私が、公文式の教室に通わずに市販教材に置きかえた英語学習についてまとめていきます。

公文英語教材3つの構成を見抜けば、学ぶべき市販教材は見えてくる

公文英語で最終的に身につけることができるのは「英語の読解力」です。

英文をスラスラ読みこなすためには、英単語と文法的な知識が必要です。

なので、公文英語では初めに単語学習を取り入れています。

その後、文法学習に進み、高校生レベルの教材からは長文読解が本格的に始まります

公文英語教材の学習内容は3つ!

①単語学習 → ②文法学習 → ③長文読解
市販教材で学習する場合は、この流れで学習していくと公文英語に合った形で学習することができます。
教材学習内容学年の目安
3A〜D教材単語学習幼児〜小学校4年生
E〜IⅡ教材文法学習小学校5年生から中学校3年生
J教材以降長文読解(リーディング)高校生

公文式は先取り学習で有名な教材です。

Aが小学校1年生レベル、Bが2年生…とはなっていますが、実際のところはうちの娘のように小学生で高校教材に取り組んでいる子供もおり、学年を飛び越えて学習していくことになります。

では、どのような市販教材での学習を進めれば良いのか、単語・文法・長文読解の3つの学習内容ごとに見ていきます。

公文英語を市販教材で学習しよう!
<単語学習>

2A〜A教材
初歩の単語学習

3A教材 公文式公式ホームページより

公文英語の最初の教材は3Aの単語学習です。

イーペンシルと言われる英語の音声が流れるペンを使って、絵を見て発音を学んでいきます。

イーペンシルは↓写真のような水色のタッチペンです。

実際の音声は公文式公式ホームページで聞くことができます。

3A・2A・A教材はタッチペンで音声を聞きながら身近な単語(名詞・形容詞・動詞)を学習する

公文英語の単語学習を市販教材に置きかえる時に使えるのが、タッチペン付きのピクチャーディクショナリー(英語絵辞書)と言われるものです。

幼児さんにおすすめの市販教材

写真やイラストをタッチペンで触ると、英語の音声が流れる仕組みになっています。

これは、公文英語の学習方法と同じです。

むしろ英語絵辞典の方が単語量が多いのも魅力です。

英語を初めて学ぶ幼児さんであれば、単語量が1000〜2000くらいのイラストの大きなものが、見やすくておすすめです。

絵本と違って全て写真なので分かりやすく、本物が覚えられて良いと思います。
動物の鳴き声や楽器の音、ゲームや音楽、ボリュームたっぷりで飽きがきません。
平仮名、カタカナ、数字もあるのでもう少し大きくなってもずっと役に立ちそうです。

Amazonレビューより

口コミからも、小さな子供が無理なく遊び感覚で学べている様子がうかがえます。

小学生におすすめの市販教材

小学校の英語の授業では600〜700語の単語の習得を目指しています。

小学生でも初めての英語学習であれば幼児用のものでまずは学習を始めるのも良いですが、先を見越して5000語くらいの単語量の多い英語絵辞書を用意しておくのも1つです。

この英語絵辞書はイラストなども小学生向けなので、デザイン的にもすっきりまとまっており高学年になっても使うことができます。

単語量が多い分、1つ1つの文字や写真は小さくなりますが、小学生であれば問題なく使うことができます。

英語タッチペン本は幼児向けを所持していましたが、掲載数が物足りなくなりこちらを購入いたしました。開いてみて、その情報量にびっくり!間違いなく、収録語数ナンバー1と言えると思います。

しかし、1ページごとに内容が密で320ページもあり、どれだけ時間をかけても全てタッチしきるのはかなり大変だと感じました。

幼児向けのものからステップアップしたい場合や、小中高生さんが始めるのにはいいのかな?と思いました。

Amazonレビューより

5000語収録されているだけあって、その情報量の多さが口コミでも評判です。

イラストや写真を使って、さまざまなシーンで使われる英単語を学ぶことができます。

B〜D教材
1語→英文の学習へ

B教材
公文式公式ホームページより

B教材からは2つの単語を組み合わせた内容が始まります。

be動詞の疑問文やWhereを使った疑問文も出てきます。

C教材 公文式公式サイトより

そしてC教材からは一般動詞の単語量が増え、疑問文ではWhich What Where Whenを使った疑問文へと内容がさらに深まります。

ただし、C教材まではタッチペンで音声に触れるのみなので、英文を書き取る必要はなく英語という言語に親しむスタンスです。

カラーのプリント&イラストが多く楽しい雰囲気です。

D教材
公文式公式ホームページより

D教材になってようやく、アルファベットの大文字小文字の書き方が入ってきます。

公文英語では小学校4年生レベルから、英語を書く学習が始まります。

アルファベットを書く学習がD教材から始まる
D教材でアルファベットを習った以降、公文英語は英文をとにかく書かせる教材へと変わっていきます。
3A〜D教材を市販教材で学習するポイント

 ・音声とあわせて単語学習をする
 ・アルファベットを自信をもって書けるようにする

英文&単語の聞き取りを練習できる市販教材

小学校からの英語&英検5級を意識して制作された「タッチペンで音が聞ける! ドラえもんはじめての英語図鑑 」。

英単語が約2400語だけでなく、日常会話をタッチペンで音声を確認しながら学ぶことができます。

日常会話分が含まれているのがこの英語図鑑の特徴なので、B・C教材で学ぶ疑問文などの学習に適しています。

▼ ドラえもんの英語図鑑の詳しくは下記のブログにてまとめています。

アルファベットを書く練習ができる市販教材

アルファベットを書く練習のワークブックは書店などでもたくさん販売されています。

・学研などのドリル
・100均
・無料でダウンロードできる教材

アルファベット学習は繰り返し練習が必要なので、アルファベットの書き順を学べるものなど、複数の教材で繰り返し学ぶのがおすすめです。

また、紙教材にとらわれないのであれば、アメリカの子供が使う知育おもちゃを使って、アルファベットの書き順から書き方をマスターする方法もあります。

大文字、小文字の書き方だけでなく、英語音声を聞いてフォニックス(英語の音の決まり)を学ぶことのできるおもちゃもあります。

おもちゃはもちろんオールイングリッシュ。

英語読み書きだけでなくリスニングにも比重が置かれる時代なので、英語音声になれる意味でもおすすめです。

パソコンのような形なので、子供も自分だけのパソコンを手に入れたような気持ちで楽しく学習してくれます。

▼ こちらのおもちゃの詳しくはブログ記事にて書いています。

公文英語のD教材までは市販教材で十分と感じる理由

私はD教材(単語学習&アルファベット)までの学習であれば、市販教材を使って自宅学習でも全く問題はないように感じています。

理由は2つあります。

1つ目は、市販教材でもタッチペン付きの教材が多数販売されており、公文英語と遜色なく学習ができるからです。

そして2つ目は、コスト面です。

公文式のお月謝は幼児&小学生は1科目7150円(東京・神奈川は7,700円)かかります。

入会時にイーペンシルの購入(税込6,600円)も必要となり、1月目に14300円がかかることになります。

14300円あれば、英語絵辞典にドリル類を購入してもまだお釣りがくるくらいです。

D教材までなら市販教材でOKな理由
 ①英語絵辞書など市販教材が充実している
 ②コスト面でも市販教材の方がかなり安い

ただし、公文式は週2回の教室へ通います。

また、毎日の宿題があるので、毎日少しずつコツコツ学習するシステムになっています。

この毎日少しずつが難しい場合は、公文英語に通う方が効果が上がりやすいと思います。

公文英語を市販教材で学習しよう!
<文法学習>

E教材
公文式公式ホームページより

小学校5年生に相当するレベルのE教材からは文法学習がいよいよ始まります。

ここからはとにかく英文を書かせることで、英語を習得していく学習方法になります。

文法学習のスタートは、be動詞・一般動詞から。

それから、肯定文・否定文・疑問文へと学習内容が広がります。

IⅡ教材(中3教材)で関係代名詞などを学ぶまで、文法学習がずっと続きます。

▼ 公文式で学習する文法内容と例文一覧

E文の書き写しの練習
be動詞・一般動詞
I work in Paris.
It’s hot.
Fbe動詞・一般動詞・人称I am Yumi.
Does she have comics?
GⅠbe動詞&一般動詞の肯定文・否定文・疑問文・命令文This is not my umbrella.
Do you remember my son?
GⅡbe動詞・一般動詞の過去形
現在形と過去形の使い分け
進行形
She was active.
Where did you go last Sunday?
They were dancing.
HⅠ助動詞
be動詞と一般動詞の復習
動名詞・不定詞
Can you see many stars?
Did you see John this morning?
I decided to go home.
HⅡ動詞や形容詞を含んだ句
be going to / have to
比較級・受動態
You are so good at swimming.
I have to leave at seven.
Is rice eaten in Brazil?
IⅠ現在完了
動詞の変化
不定詞を含む文
I have been there once.
English is studied around the world.
I really want you to help me.
IⅡ関係代名詞
接続詞
程度を表す表現
句・節のかたまりの理解
I helped someone who was having a heart attack.
As I opened the front door, it rain in.
The world’s population is growing faster than we think.
I remember where we first met.

文法学習となると小難しいイメージがあって、自宅で市販教材で学習できるのか不安に感じることもありますよね。

今は、小学校3年生から外国語の授業が始まり、5年生からは通知表の評価がつく時代。

文法を初めて学ぶ小学生向けのテキストや、ワークブックがあるので今回はいくつかピックアップしてご紹介しますね。

おすすめの市販教材

くもん出版から出ている、いっきに極める小学英語シリーズは文法を理解しながら英語を学ぶ公文英語の学習に似た構成です。

ページの最初に解説があるところは、公文英語よりも丁寧なくらいです。

最初に説明&例文があって、その後に書きながら文法を理解していくスタイルは公文英語の学習方法そのもの。

また、音声をダウンロードして聞きながら学習できる点も、イーペンシルの英語音声を聞きながら英語学習を進める公文式のスタイルと同じです。

いっきに極める小学英語①be動詞・一般動詞
いっきに極める小学英語②過去形・疑問文・できることを表す言葉canなど
いっきに極める小学英語③基礎英単語380語

公文英語と比べて、このテキストの足りない点は書く量。

公文英語では同じプリントを2度、場合によっては3度解くこともあります。

テキストをあらかじめコピーしておいて、繰り返し学習するのもおすすめです。

また、ノートを用意しておいて何度も書く方法もあります。

公文英語の文法学習のノウハウが詰まっている、おすすめの市販教材です。

公文英語は英文を書かせて覚えさせる学習法です。

先ほど取り上げた、いっきに極める小学英語シリーズは公文英語と比べると書く量が少ないという欠点があります。

同じ文ばかり書いても効果が薄いんじゃないかな…?なんて思うこともありますよね。

そこで、ライティングの練習ができるドリルを取り入れることで、さらに公文英語の学習をさらに一段上のレベルにもっていくことができます。

このワークブックは自分の言いたいことを英語で書く練習することができるワークブックです。

文法の型を学びながらも、自分の言いたいことが言えるような作りになています。

I want to see sharks.
(私はサメが見たいです。)

sharksの部分は、下のイラストから好きな生き物を選んで、右側のページに書くことができる仕組みです。

例えば、I want to see turtles.

カメが見たい。と言葉を変えるだけでも、グッと自分ごとの英語に感じられますね。

E〜IⅡ教材を市販教材で学習するポイント
・小学生向けの簡単な文法学習テキストを使って学習
・とにかく書く練習をすることで公文英語に近づける

公文英語を市販教材で学習しよう!
<リーディング教材>

J教材
公文式公式ホームページより

高校レベルのJ教材からは本格的な長文読解が始まります。

でも実は、J教材以前の文法学習の中でもリーディングの内容が入ってきます

E教材の物語
公文式公式ページより

初めは短文&イラストが大きくかなり理解しやすいストーリーとなっています。

少しずつ文章が長くなり、中学校1年生のG教材になるとモノクロの教材へと変わります。

G 1教材
公文式公式ホームページより

公文英語で取り上げられているリーディング教材はこんな感じです。

E教材ありとキリギリス・公文式オリジナルストーリーなど4話
F教材ロミオとジュリエット・公文式オリジナルストーリーなど4話
GⅠ教材裸の王様など4話
GⅡ教材不思議の国のアリス・小人のくつやなど4話
HⅠ教材シンデレラ・54年間のマラソンなど史実に基づいたお話など4話
HⅡ教材ザ ゴールデンタッチ・ザ キャメルライブラリーなど4話
IⅠ教材浦島太郎・かぐや姫・マルコポーロなど6話
IⅡ教材国連アースサミットのスピーチ・幸福な王子など5話

原文ではなく、公文で習った文法知識で読むことができるように易しく書き換えられた英文を読むことができます。

自宅で市販教材を使って公文英語を学習する場合は、世界の名作絵本の英語版から学風するのがおすすめです。

簡単な言葉が多くありますし、知らない単語は調べることで、英単語の知識を増やしていくことができます。

公文英語でもリーディングには日本語訳が入っています。

小学生向けの英語辞書などもあるので、子供でもわかりやすく学習することができます。

市販教材学習と合わせて取り組みたい読みやすい英語絵本については下記のブログ記事にて取り上げています。

リーディング教材を市販教材で学習するポイント
・世界の名作絵本の英語版を読む
・絵本の知らない単語を調べて単語知識を増やす
・文法学習と並行してリーディングに取り組む

最後に

今回は、教室に通うことなく市販教材で公文英語を学ぶなら、どのような内容をどんな教材を使って学習できるかについて取り上げました。

また、公文英語を市販教材に置きかえる際に、どのようなポイントを押さえて学習すれば良いかをまとめました。

公文英語の置き換え学習のポイント

●単語学習
タッチペン付きの英語絵辞書を使って、音声と一緒に単語を学習する
自信をもってアルファベットを書けるようになる

●文法
小学生用の簡単なものを利用して楽しくスタートさせる
とにかく英文を書く練習をする

●リーディング
文法学習と合わせて英語絵本を読む練習をする
世界の名作絵本などから始める
知らない単語を調べることで語彙力アップ

娘は現在小学校6年生ですが、高校2年生のリーディング教材をしています。

毎日、公文英語の教材を読むことで、英語の読解力はぐんぐん伸びていると感じており、公文英語を毎日コツコツ積み重ねる効果を感じています。

小学校から英語の教科学習が始まったことで、さまざまな子供向け教材が販売されています。

子供にあった教材を活用しながら、上手に英語教育ができると理想的ですね!

こちらのブログ記事が公文の教室に通うか迷われている方の参考になればうれしいです!

タイトルとURLをコピーしました