おうち英語

英語 リーディング教材【小学生・中学生から使える】海外ワークブック 体験談

2022年1月31日

こんにちは。
バイリンガル子育てブログを運営しているAyaです。

日本語でも、あらゆる教科の学力につながると言われている読解力

英語でもリーディング力をつけることで英検や受験に有利になりますね。

ただ、日本にはアルファベットや単語を書く練習ドリルはあっても、英語の子供向けのリーディング教材が少ないのが現状です。

そこで、今回は帰国子女の小学生の子供が実際に使った海外のワークブックをご紹介します。

小学生だけでなく中学生、高校生でも使えるようなワークブックをレベル別に感想と共にレポートします。

英語リーディング教材
小学生 低学年&中学年向け

kumon リーディング 1年生用

日本の小学校では、2年生で世界的に人気絵本であるスイミーを習ったり、文法では主語と述語を習います。

海外のプライベートスクールに通っていた娘も、小学校低学年の頃は学校では簡単な文法を英語のクラスで習い、話せるからといっていきなり難しい文法を習うのではないんだな、と感じたことがありました。

海外のワークブックを見ていても、小学校低学年の場合は、文章をたくさん読ませるリーディング教材よりも、リーディングをする上で基礎となる単語学習をすることが多いようです。

レベル別に2冊のワークブックをご紹介します。

kumon リーディングワークブック

日本でもおなじみの公文式の海外版ワークブックで、アメリカのAmazonなどでも販売されています。

難易度的にはアメリカにのワークブックの中では易しいレベルです。

小学校2年生レベルのリーディング教材では、まず前半に単語学習を行います。

後半の5W(Who When Where what why)に入ったところから、リーディング教材へと移り変わっていきます。

小学校2年生の内容

少し文章量が増えてくるので、読み応えが出てきます。

<Grade2の内容>
・ボキャブラリービルダー
 (スペルなどの単語力強化)
・母音や子音のフォニックス学習
・同義語
・反対語
・イレギュラーな複数形
・5W(Who Whereなど)
・リーディング教材
<体験談>
我が家ではインターナショナルスクール幼稚園を卒園した息子が、小学校1年生のときに初めて取り組んだのがkumonのリーディングでした。

Grade 1レベルは基礎的な単語学習が中心のためインターに通っていた子供には簡単でした。
ページ数80ページ
価格の目安1000円前後

▼ 簡単な英文を読みながら、単語や文法の基礎学習から学びたい場合は、100 words kids need to read がおすすめ!

https://oyakodekaigai.com/2021/11/27/workbook-100words/

▼ 基礎的な英語のワークブックはこちらで紹介しています!

https://oyakodekaigai.com/2021/06/30/workbook-us/

Scholastic Success With Reading Comprehension

スカラスティック社のワークブックで、難易度は中程度です。

1ページにつき、100語前後のリーディング&問題が出題されます。

↑はネイティブ圏の小学校2年生の内容です。

1つ難点をあげるとすれば紙質が悪い点ですが、アメリカのワークブックあるあるなので仕方がないのかなと思います。

<体験談>
Success with シリーズは、リーディング教材だけでなくライティング、文法など、分野ごとにワークブックがあります。

我が家では英語学習でつまずいたところを復習するのによく使っています。

レベルも難しすぎず簡単すぎずの良いバランスなのと、ページ数が多くないためサクッと復習したい時にも便利です。
ページ数48ページ
価格の目安1000円前後

英語リーディング教材
小学生 高学年 & 中学生向け

Brain Quest 5年生用

小学校高学年に入ると学習能力が高まることから、正しい文法を理解しながら高度な問題を解くことができるようになっていきます。

とは言え、ネイティブ圏の小学校6年生の英語レベルは高く、海外のワークブックの小学校高学年レベルは難しいものもあります。

ここでは日本の小学生・中学生が取り組みやすいワークブックを3種類、レベルの易しい順にピックアップしていきます。

Brain Quest Workbook 

リーディング専門教材ではないものの、理科などの教科学習のできるアメリカのワークブックとして有名なBrain Questシリーズ。

アメリカの小学生が身につけている基本的な単語を学び、リーディング力の強化につなげることができます。

レベル的に易しい&ページ数が300ページを超える分量なので、1日で複数ページをこなしたいワークブックです。

Brain Quest 小学校6年生の内容

問題も答えも全て英語で書かれているので、精読力を培うことができます。

<Grade 6の内容>
・スペル&単語
・文学
・検索&分析
・ライティング
・発音&句読点
・比喩&意味
・かけ算&わり算
・比率&比例
・二進法
・方程式
・幾何学
・統計&確率
・社会
・理科

日本の学校の学年にとらわれず、学年を落として楽しく解答できるレベルのものがまずはおすすめです。

▼ このワークブックの学年ごとの詳しい内容は下記のブログにまとめています。

https://oyakodekaigai.com/2021/06/24/brainquest-workbook/

文字を書かせるページも多いので、ライティングの練習にも活用することができます。

<体験談>
カラフルでイラストが多いので、子供がアクティビティ感覚で楽しく学習できるワークブックでした。

アメリカの教科学習ができるので、日本語でしか知らない単語を英語に変換できる機会になったと思います。

ページ数が多いので夏休みなどの時間のある時に1日4〜6ページ取り組みましたが、それでも終わりきららないほどのボリュームでした。
ページ数318ページ
価格の目安2000円前後

40 Short Passages for Close Reading

スカラスティック社の短い文章を読んで内容に答えるワークブックです。

6年生用のものであれば、100語程度で英文で、確認問題が3〜4題出題されます。

マークシート型で英検などの検定試験にも似ていますね。

このシリーズもGrade1〜6までそろっているので、英語レベルに応じてテキストを選ぶことができます。

<体験談>
リーディング量が少ないので勉強になるのかな?と初めは思ったけれど、知らない単語がリーディング問題の中に含まれているので、辞書で調べることで新たな知識の習得につなげることができました。

長文のリーディング問題に苦手意識のある子供の第一歩に良いと思います。
ページ数40ページ
価格の目安1000円前後

Spectrumシリーズ

Spectrumシリーズはアメリカのワークブックの中でも割とレベル高めの、解き応えのあるワークブックです。

リーディング教材は見開き2ページ構成で、1ページは全て英文なので、長めのリーディング問題に取り組むことができます。

5年生のリーディング教材

Reading意外にもLanguage ArtsやMath、Science、Writingなど様々なワークブックが発売されてい、各学年に様々な教科がそろっているシリーズ。

我が家ではサイエンスのテキストをリーディング教材代わりに取り組み、理科系の単語取得をしたことがあります。

サイエンス4年生用教材

理科系も見開き2ページで1つのテーマを学ぶことができます。

小学校4年生用のテキストでは、ニュートンの万有引力や、哺乳類、体内の水分、月の満ち欠けなどに触れることができ、様々な英文と単語に慣れることができました。

<体験談>
リーディングのワークブックでは、小学校2年生の息子がGrade 2レベルを使って学習していましたがSpectrumはレベルが高く、簡単な他のワークブックの方を好んでやりたがっていました。

長文を読んで質問の答えを書き抜く問題だけでなく、自分の考えを自由に述べる問題もあり、リーディング力だけでなく英語で考えて、ライティングする力も同時についたと思います。
ページ数170ページ
価格の目安2000円前後

英語リーディング教材
中学生向け

Spectrumシリーズ

引き続きSpectrumシリーズになりますが、このシリーズは小学校1年生から中学生にあたる、Grade7や8向けのテキストがそろっています。

Language Artsなら、リーディングだけでなく文法を正しく使う力や、正確に読む力を鍛えられる要素が、1冊の中に詰まっています。

こちらは中学校1年生のLanguage Arts の初めのページですが、普通名詞と固有名詞を取り上げており、英語で基礎的な文法から学ぶことができます。

ページ数160ページ
価格の目安2000円前後

Common Core Language Arts & Literacy

アメリカのコモンコアがベースとなった、アメリカのワークブックです。

コモンコアとは
アメリカの教育基準で英語と算数に設けられている。該当の学年の修了までに身につけておきたいスキルが明示されている。

このワークブックには豊富なリーディング教材が含まれており、語彙力や正確に読み解く力、要約、ライティングスキルまで併せて学習が可能です。

コモンコア Language arts 5年生

今まで取り上げてきた教材の中では一番、内容が難しい内容です。

↑写真は、小学校5年生用のものですが、中学生や大人の方でもリーディング学習に使うことのできるワークブックだと思います。

<体験談>
ページ上部に学習のテーマ(単語力・情報を正確に読み取る力・文章構成など)が提示されていて、それを意識しながら、問題に取り組むことでより深くリーディングの学習を進めることができたと思います。

今まで取り組んできたテキストの中では手応えがあるワークブックなので、わからない単語も適当に読み飛ばすのではなく、どんな意味かも調べながら時間をかけて学習できたテキストでした。
ページ数144ページ
価格の目安3000円程度

https://amzn.to/3ulzTcE

最後に

今回は、海外のワークブックを中心に、小学生・中学生でもリーディングの学習ができる英語圏のワークブックを取り上げました。

海外のワークブックは簡単なものでも、英語での指示文を読まなければならないのでそれだけでも英文を精読する力がつくメリットもあります。

また、日本でリーディング教材は中高生向けのものが多く、小学生が学ぶにはテーマが難しかったりすることもありますね。

その点、海外の小学生向けの教材は英文は難しくても、書いている内容は子どもらしい内容なので、子供は意外と楽しみます。

(我が家の子供たちは英検の問題集は面白くないみたいで、海外のワークブックでがっつりリーディング学習する方が好きです)

英語圏と同じ学年に合わせてしまうとレベルが合わないこともあるので、学年を調整しながら試してみてくださいね。

このブログ記事が小学生や中学生のリーディング教材の参考になればうれしいです。

-おうち英語