Let’s Go Phonics(レッツゴーフォニックス)子供の英語が伸びる!中身を大公開

おうち英語

こんにちは。
バイリンガル子育て7年目のAyaです。

英語圏では幼稚園〜小学校で必ず習うフォニックス。

フォニックスは英語の音の決まりで、英語の基礎といっても過言ではありません。

フォニックスを学べば、日本人の子供でも英語の発音が良くなり、すらすら英語を読めるようになります。

Aya
Aya

実際に、うちの娘も6歳でフォニックスを学び、小学校入学前に英語を読めるようになりました。

耳の良い子供だからこそ、上手に学べるフォニックスですから、良質な教材で正しく身につけたいですね。

そこで、今回は世界中から人気のフォニックス専用テキスト、Let’s Go Phonicsの中身を写真を使いながらレポートしていきます。

最後に、Let’s Go Phonicsを学べるオンライン英会話もご紹介していきます!

Let’s Go Phonics(レッツゴーフォニックス)とは

オックスフォード大学出版が出版しているフォニックス教材で、1〜3までの3冊が発売されています。

Let’s Go
Phonics 1
a-zまでの単音を主に学習
Let’s Go
Phonics 2
母音aeiouや、2つのアルファベットが混ざった時の音の決まりなどを学習
Let’s Go
Phonics 3
発音しないsilent letter、2つのアルファベットが組み合わさることで新しい発音となる文字の学習

フォニックスの専門教材なので、アルファベットがある程度わかるようになっている子供におすすめです。

例えば、pの音を学習するページ。

pから始まる単語と、pで終わる単語を実際に読みながら音を学んでいきます。

これを繰り返すことで、英語の正しい発音が身につき、英語が読めるようになっていきます。

Let’s Go Phonicsはアルファベットの読みの理解が進む教材
Aya
Aya

CDがついているテキストと、ついていないテキストの2種類が販売されています。

Let’s Go PhonicsとLet’s Goの違い

Let’s Go 英語4技能(読む・書く・話す・聞く)をバランスよく学習
Let’s Go Phonicsフォニックスに特化した教材

Let’s Goはまだアルファベットの学習が進んでいない子供に対応しています。

また、チャンツや歌で英語の音を学ぶことができるのも特徴です。

実際に、うちの娘もフォニックスと初めて出会ったのはこのLet’s Goをオンライン英会話で学習したのがきっかけでした。

まだアルファベットをちゃんと読めないという場合は、まずはLet’s Goの学習がおすすめです。

Let’s Go
アルファベットがわからない子供も学習可能。

英語4技能をバランスよく学べる教材で、チャンツなどを通じてフォニックスも学べる。

Let’s Go Phonics
フォニックスをネイティブレベルで学べる

Let’s Go Phonics 1の中身

フォニックスの基礎を学べるLet’s go phonics 1の内容を見ていきます。

unit 1b,p
unit 2d,t
unit 3f,v
unit 4m,n
unit 5unit 1-4の復習
unit 6short a
unit 7short e
unit 8short i
unit 9short o
unit 10short u
unit 11unit 6-10の復習
unit 12h,j
unit 13hard and soft g
unit 14hard and soft c
unit 15s,z
unit 16r,l
unit 17w,y
unit 18k,x
unit 19qu
unit 20unit 12-18の復習

MとNの発音など、似たような2つの音を対比しながら学んでいくユニットが多くあります。

混乱しやすい似た発音の違いを学ぶことができます。

↑は実際のMとNの学習ページです。

Mの大文字小文字を学んだ次に、実際に単語の発音しながら、Mの音を学びます。

Nについても同様に音を学びます。

1つのユニットは大体3ページの構成となっていて、3ページ目では学習したフォニックスの問題を解きながら理解を深めます

Let’s Go Phonics1はアルファベット単音の学習がメイン
Amazon | Let's Go Phonics 1 | Lehman, Jeffrey D. | Words & Language
Amazon配送商品ならLet's Go Phonics 1が通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Lehman, Jeffrey D.作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

Let’s Go Phonics 2の中身

Let’s Go Phonics 2では、2つのアルファベットが合わさった時のフォニックスを中心に学びます。

また、フォニックスを学習するなら外せない母音(vowel)の学習が入ります。

unit 1blended with l
unit 2blended with r
unit 3blended with s
unit 4unit1-3の復習
unit 5magic e with a and e
unit 6magic e with i
unit 7magic e with o
unit 8magic e with u
unit 9vowel and magic e
unit 10unit5-9の復習
unit 11sh,ch
unit 12th
unit 13wh,ph
unit 14unit11-13の復習
unit 15the long a sound
unit 16the long e sound
unit 17the long i sound
unit 18the long o sound
unit 19the long u sound
unit 20unit15-19の復習

半分以上のページを母音a e i o uの学習にあてているLet’s Go Phonics 2。

日本語では5つの母音しかないのに対し、英語には26音もあるのでしっかり学ぶ必要があります。

母音のページは2ページ構成になっています。

まず発音を学び、問題をときながら使い方を身につけていく構成です。

Let’s Go Phonicsは母音をメインに学習できる
Amazon | Let's Go Phonics 2 | Lehman, Jeffrey D. | Words & Language
Amazon配送商品ならLet's Go Phonics 2が通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Lehman, Jeffrey D.作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

Let’s Go Phonics 3の中身

Let’s Go Phonics 3はこのシリーズ最後の巻です。

この本では、イレギュラーな発音となる音の決まりを学ぶことができます。

unit 1s,es
unit 2silent letters
unit 3unit1-2の復習
unit 4au,aw
unit 5ou,ow
unit 6oi,oy
unit 7ow,ea
unit 8oo
unit 9unit4-8の復習
unit 10Three letter blends
unit 11Digraphs and lends with n
unit 12Other Digraphs and blends
unit 13Other blends
unit 14unit10-13の復習
unit 15ar
unit 16er
unit 17ir
unit 18or
unit 19ur
unit 20unit15-19の復習

イレギュラーな音の決まりなんて聞くと難しそうに聞こえますが、意外にわかりやすいものばかりです。

sとesの違いは、名詞の複数形です。

ペンの複数形はpensで、時計の複数形はwatches。

同じ複数形でも、最後にsとなる場合とesとなるケースを学びます。

また、この本ではsilent lettersを学びます。

comb(くし)や、knit(ニット)など、実際には読まないアルファベットの入っていますね。

Let’s Go Phonics 3ではイレギュラーな音の決まりを学習できる
Amazon | Let's Go Phonics 3 | Lehman, Jeffrey D. | Words & Language
Amazon配送商品ならLet's Go Phonics 3が通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Lehman, Jeffrey D.作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

フォニックスができると良いこといっぱい!

Let’s Go Phonicsの教材を通じて、フォニックスの奥深さが見えてきたのではないでしょうか。

英語の音には決まりがあり、それを知ることで英語をすらすら読めるようになります。

Aya
Aya

大人は頭を使って覚えようと指定まうことがありますが、子供は感覚的にこの決まりを習得する能力があります。

フォニックスを理解すると、知らない単語を聞いただけでそのスペルが頭に浮かぶようになります。

英検などの検定試験では、リスニング問題の比重は高いですし、英語が聞き取れるようになると受験でも有利になります。

大人になってから1からフォニックス学習を始める人もいるくらい、英語の基礎がつまったフォニックス。

感覚的に覚えられてしまう子供のうちに学んでおきたいですね!

Let’s Go Phonics は高い⁉︎

Let’s Go Phonicsは、ネイティブの子供達並みにしっかりフォニックスを学べる優秀な教材ですが、1つだけ欠点があります。

それは価格が高いこと。

Amazonでは、1冊3000〜5000円することもあります。

メルカリなどで安く中古品を探す方法もありますが、おすすめの解決法が1つあります。

それは、オンライン英会話のネイティブキャンプを利用する方法です。

そもそもフォニックスは音を発音しながら学ぶ教材なので、家庭学習ではなくオンライン英会話で講師と一緒に練習するのに向く教材です。

Let’s Go Phonicsを学べるオンライン英会話

・ネイティブキャンプ
・リップルキッズパーク
・ハッチリンクジュニア

この3社の中で、ネイティブキャンプだけは教材を買わずにレッスンをすることができるんです。

Let’s Go Phonicsを学べるオンライン英会話

ネイティブキャンプ

<ネイティブキャンプの特徴>
・レッスン受講し放題で月額6480円
・ほとんどの教材が購入不要で受講できる
・予約なしで思いたたらすぐレッスン可能
ネイティブキャンプは大人も多く受講する人気のオンライン英会話ですが、3歳から受講することができます。

また、子供向けの講師も在籍しています。
 
 
予約画面では、「こども対応可」があるので、子供とのレッスンが得意な講師を検索することができます。
 
教材をLet’s Go Phonicsに指定すれば、レッスン受講画面に映し出されるので購入する必要がありません。
 
7日間の無料体験中もレッスン受講し放題!

リップルキッズパーク

<リップルキッズパークの特徴>
・週1回〜レッスン回数が選べる
・英語初心者向けの教材が多い
・家族でアカウント共有できる
英語がまだしっかり話せない子供に優しいのが子供専門のオンライン英会話。
 
中でもリップルキッズパークは、英語初心者やまだ小さな子供に優しい会社です。
 
Let’s Go Phonics以外にも、Let’s Go教材があることはもちろん、Let’s Goの補助教材まで用意されており、理解した内容を忘れてしまわない工夫があります。
 
レッスンを予約する画面で、フォニックスが得意な講師を選べるのでハズレがなく、講師選びがスムーズです。
 

ハッチリンクジュニア

 

<ハッチリンクジュニアの特徴>
・とにかく先生が遊んでくれる
・教材が豊富で初心者〜帰国子女まで対応可
・家族でアカウント共有できる
今日はテキストを使ったレッスンは10分だけでフリートークを15分も楽しんでいた、ということがよくあるハッチリンクジュニア。
 
とにかく先生は遊ばせてくれて、英語を使って話すのが楽しい環境を整えてくれます。

また、教材の種類も豊富なので、Let’s Go Phonics以外にも、他社では取り扱っていない教材に出会えるのもハッチリンクジュニアの特徴です。

ハッチリンクジュニア
公式ホームページ

最後に

今回は、Let’s Go Phonicsを取り上げ、その学習内容やオンライン英会話をレポートしました。

フォニックスの学習は、耳が柔軟な子供に向く学習方法です。

小学校入学前後になると、日本語の文字の読み書きに興味を持つ子供が増え、フォニックス学習がうまく進みやすい年齢です。

もちろん、小学校中学年以上でも、英語を読み始めるきっかけになるので、ぜひ学習しておきたい英語学習の1つです。

英語を読めるようになると、その後の英語学習がかなりスムーズに進んでいくので、ぜひフォニックス学習を取り入れてみてくださいね!

こちらのブログ記事がフォニックス学習の1つの参考になればうれしいです。

▼フォニックスの基礎がわかるアメリカのDVDリープフロッグ

タイトルとURLをコピーしました