オンライン英会話は4歳に効果ある?実体験インタビュー

オンライン英会話

こんにちは。
バイリンガル子育てブログを運営しているAyaです。

オンライン英会話を4歳から始めるのってまだ早い?
4歳児でもレッスンが楽しくできるオンライン英会話はある?

子供が小さいと、オンライン英会話が気になっていてもなかなか始められないことってありますね。

そこで今回は、私がオンライン英会話の会社で働いていた時の経験や、実際に4歳の子供にオンライン英会話を習わせているママの話を交えて、4歳児のオンライン英会話についてまとめていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

4歳でオンライン英会話ってまだ早い?

さまざまな意見をまとめると、オンライン英会話は4歳から始めてもいいし、5歳になるまで待ってもOKなお年頃。

<4歳から始めたい理由>

・英語の発音がきれいになる
・英語に抵抗がないので、本格的にオンライン英会話を始める準備期間に最適

兄弟で同時に英語学習を取り入れた多くの家庭で、上の子よりも下の子の方が発音が良いことが多いことからもわかるように、小さいうちから英語に触れることは効果があります。
 
赤ちゃんはまず言語を聞いていくつかの言葉を覚えてから、意味のある言葉を話し始めるように、年齢が幼い子供は英語の発音をそのまま吸収することが得意です。
 
YouTubeなどで英語をインプットしているのであればなおさら、耳で聞こえた言葉を発話することで舌の動かし方を体得できるオンライン英会話はおすすめです。
 
<5歳まで待っても良い理由>

オンライン英会話を4歳で始めるなら、レッスンの最後までレッスンを受けられるという期待は持たない方がいい

まだ4歳の子供ですから、レッスン時間中(だいたいの場合は25分)、ずっと集中して座り続けるのは難しい時期です。

一説では、4歳児の集中力は5分、長くても15分と言われています。

よほど自分の興味があることで没頭していなければ、25分間集中力を保つことはできません。

では、実際に4歳児のレッスンはどんな感じなのか見ていきます。

実録!4歳児のオンライン英会話はこんな感じ

Rくんサンプル画像

今回、モデルケースとしてレッスンの状況を教えてくれるのはRくん。

両親ともに日本人の、日本語環境で育った男の子です。

Rくん
学年:幼稚園 年少クラス
オンライン英会話開始時期:4歳2ヶ月
受講回数:月2〜4回
英語学習:4歳から開始
英語教材:英語のYouTubeと英語絵本

ほっぺたぷくぷくの愛嬌たっぷりのRくんは、人とのコミュニケーションは問題なくできますが、初めての人にはやや人見知りすることもあります。

そんなRくんの初めてのオンライン英会話は、べったりママのお膝に座って受けていたのだそう。

Aya
Aya

英語は全くわからないので、ママと先生が協力して、レッスンに参加できていた感じです。

Rくんの習っているオンライン英会話では、レッスン開始時に、先生とフリートークをしたり、ゲームを通じて子供の気持ちをのせてから、教材の学習へ入ります。

画面上に映し出された教材を見ながら、身近にある基本的な単語を学んでいます。

4歳の集中力が切れるタイミングは急に来る

順調に進んでいたレッスンですが、急に画面上からRくんが消える瞬間がきます。

日によって異なりますが、早ければレッスン開始5分、長くても15分くらいに集中力が切れ、机の下に逃げて出て来なくなるのだそう。

呼びかけても席に戻ることはないので、レッスンを続けるためにママがパソコンを机の下に移動させて対応します。

でも、その後Rくんが英語を発することはレッスン終了までありません。

これが、4歳前半でオンライン英会話を始めた頃のレッスン風景です。

オンライン英会話を続ける理由

レッスンを最後まで集中して受講できたことのないRくん。

それでも、Rくんママはオンライン英会話をやめさせようとは思わなかったのだそう。

<オンライン英会話を続ける理由>
YouTubeは受け身だけれど、オンライン英会話は双方向で英語に触れられるから。

続けていくうちに、初めは月2回受けるのがやっとだったオンライン英会話も、週1回受講できるように成長していきました。

そして、5歳を迎える前に25分レッスンを最後まで座って受講できるようになりました。

今では、ママは近くでレッスンを見守る程度のサポートで、主体的にレッスンを受講できています。

4歳のオンライン英会話はしっかりレッスンを受講できるための準備期間

① 少しでもオンライ英会話を受講してレッスンに慣れる

② 英語に抵抗がないうちに始めておく
4歳の内にこの2つをしておくことで、25分のレッスンを受講できるようになる5歳を迎えた時に、スムーズな一歩を踏み出すことができます。
 
ただし、無理強いは厳禁。
 
急に毎日レッスンを受講したりすると、5歳になる頃にはすっかりオンライン英会話嫌いになってしまう子供もいるので、子供の許容範囲を見ながらレッスン回数を調整するのがおすすめです。
スポンサーリンク

4歳のオンライン英会話をスムーズにするコツ

4歳の子供のオンライン英会話をスムーズにするには、コツがあります。

① 子供専門のオンライン英会話を選ぶ
  大手オンライン英会話は4歳には不向き

② ママと先生の協力は必要不可欠
  英語を話せなくてもお手伝いだけでOK

③ 子供に合うお気に入りの先生を見つける
  子供に先生を選んでもらうのも効果的

④ 先生に要望を伝えて子供の興味を引きつける
  事前にリクエストの送れる会社が◎

⑤ 子供の要望に応えてあげる
  心の準備を整えてレッスンを楽しく始める環境作り

① 子供専門のオンライン英会話を選ぶ

オンライン英会話業界は、3歳から受講OKの会社ばかりですが、小さな子供に英語を教えるノウハウを持っているのは子供専門のオンライン英会話です。

大手オンライン英会話は、基本的に子供の受講者より大人の受講者が多く、まして英会話を初めたての4歳さんにまで全講師が対応しているとは言えません。

規約もしっかりしているので、「レッスン前に講師にメッセージを送ってはいけない」「例え親でも複数人でレッスンを受けてはいけない」などの決まりが定められていることも。

その点、子供専門のオンライン英会話は子供に寄り添った柔軟な対応をしてくれます。

英会話を初めて習う4歳さんなら、なおのこと子供専門のオンライン英会話がおすすめです。

② 先生を支えるママのサポート

まだまだママに依存している4歳さんですから、ママは先生の良きパートナーとしてレッスンを陰ながら支えることで、25分のレッスンの質が変わります。

逆に先生1人で子供のレッスンをしてほしい場合は、4歳さんにはまだ早いとも言えます。

ママは子供の隣で先生のやりたいことが実現できるよう、サポートしてあげられると先生はかなり助かります。

Aya
Aya

レッスン終わりに、Mammy, thank you!って声をかけてくれる先生もいますよ。

③ 子供に合うお気に入りの先生を見つける

4歳さんでもわかりやすいような笑顔の多い楽しい雰囲気の先生

子供と趣味が合っている先生(犬を飼ってる・虫が好き…etc)

ぬいぐるみを使って子供の気を引いてくれる先生

何度かレッスンを受けていると、子供がまた会いたがる先生と出会うことができます。

お気に入りの先生のレッスンを受講し続けると、先生も子供の好みを把握してくれることが多いです。

ここまで人間関係ができれば、かなりレッスンはスムーズに進みます。

④ 先生に要望を伝えて子供の興味を引きつける

先生に要望を伝えることで、先生も対応がしやすくなります。

ママが英語が上手じゃなくても、簡単な英語で大丈夫。

He is tired today.
今日は疲れています。

He wants to play online game.
オンラインゲームをしたいです。

He loves train.
息子は電車が好きです。

子供専門のオンライン英会話であれば、先生がレッスンをうまく合わせてくれる確率は高まり、より子供が楽しめるレッスンになります。

⑤ 子供の要望に応えてあげる

楽しいレッスンのスタートがきれるよう、「今日はオンライン英会話があるよ」という声かけはしておきたいところです。

他にも、「先生に見せてあげたいおもちゃある?」と聞いて、レッスン時に好きなおもちゃを先生に見せられる準備をするのも良いですね。

子供の気持ちがレッスンに向くだけでなく、子供自らレッスンに参加する姿勢ができます。

Aya
Aya

もしも、恥ずかしくておもちゃを見せられなくてもOKな気持ちで見てあげてくださいね。

4歳のオンライン英会話は会社選びが大切

子供専門のオンライン英会話は、4歳の子供がどこまでならできるのか、先生たちはよく知っています。

私の友人の1人に、子供専門のオンライン英会話で講師をしているフィリピン人女性がいます。

彼女は「3歳は早いけれど、4歳ならオンライン英会話できるよ!」と断言しています。

子供の扱いのうまいオンライン英会話講師を探し当てられるかどうかは、子供がレッスンを楽しめるかどうかに直結します。

子供向けのオンライン英会話は4歳児に日常的に触れて理解しているので、例え途中でレッスンができなくなっても先生は嫌な顔はしません。

むしろ、最後まで子供に話しかけてくれたり、優しく対応してくれる講師ばかりです。

ここでおすすめのオンライン英会話を2つご紹介します。

ハッチリンクジュニア

<ハッチリンクジュニアの特徴>

・子供ととにかくコミュニケーションを多くとってくれる

・遊びを通じて英語を学べる

・子供向けの教材が多く、子供の成長に合わせて希望の教材に変えられる

・事前にレッスンリクエストが送れる

子供専門のオンライン英会話の中では、とにかく子供と遊ぼうとしてくれるのがハッチリンクジュニアです。

その分、教材に取り組む時間は少なくはなりますが、歌を歌ってほしいなどの要望にも応えてくれるので、幼児さんにおすすめです。

ハッチリンクジュニア
公式ホームページ

▼ハッチリンクジュニアを1年受講したインタビュー記事

QQキッズ

<QQキッズの特徴>

・英語を教える資格保有のプロ講師

・セブ島で親子留学を受け入れている語学学校が経営

・自社開発のレッスン受講ページでは、双方向にコミュニケーションできる機能がある

・英語を発達させるための英語教材開発力があり、教材内容が良い

QQキッズは、親子留学からも人気の語学学校が母体なだけあて、子供の英語教育のノウハウがある会社です。

講師が全員、TESOLという外国人に英語を教える資格を持っているので、子供であってもしっかり教えてあげようという意欲が高いです。

レッスン教材には、短い教育的な動画が入っていたり、We sing, We learn という英語の歌を歌う教材もあり、小さな子供でもレッスンを楽しめる工夫があります。

Aya
Aya

ハッチリンクジュニアはやや遊びすぎに見える場合は、教材を交えて学びながら講師とコミュニケーションが取れるQQキッズがおすすめです。

QQキッズ
公式ホームページ

▼QQキッズ受講体験ブログ記事

4歳がオンライン英会話を1年続けた効果は?

4歳のオンライン英会話は、英語に抵抗がない内に始められるところが魅力です。

また、4歳さんだからこそ耳がよく、きれいな発音を身につけることができます。

ここで、Rくんがオンライン英会話を1年間続けた効果をご紹介します。

<オンライン英会話の効果>
・1ヶ月間に受講できるレッスン回数が増えた
・発音が良くなった
・先生と関わる姿勢ができた

英語を学習して知識を蓄えるというよりは、先生と英語を使ってコミュニケーションをすることに慣れてきた様子がうかがえます。

レッスン回数も月2回から週1回に増え、5歳になった今では25分座ってレッスンが受講できるようになりました。

オンライン英会話以外の英語の学習として、YouTubeの英語番組を見ていますが、数字に興味を持ち、かけ算の歌を歌えるようになったのだそう。

Rくんのママは、英語のYouTubeだけではここまで会話する力はつかなかったと思う、と満足している様子。

これからもオンライン英会話を続けて、英語力をつけてあげたいと思っているそうです。

最後に

今回は、4歳でオンライ英会話ができるのかどうか、効果はあるのか、をテーマにブログ記事を書きました。

4歳ですから、まだ急いでオンライン英会話をしなければいけない、というものではありません

でも、英語の力を着実につけていく力のある4歳さんです。

同じ4歳と言えども、4歳1ヶ月と5歳間近の4歳では成長に差があるので、子供の発達に合わせて、オンライン英会話を少しずつ始めていけると良いですね。

こちらの記事が、オンライン英会話を始まるか迷われている方の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました