【小学校2年と体験】テックキッズ Tech kids online coaching 口コミレビュー

STEAM教育&プログラミング

こんにちは!
小学校2年生と5年生の子育て中のAyaです。

プログラミング教育が本格的に始まり、小学生のプログラミングの習い事が増えてきましたね!

将来、プログラミングのできる人材が重宝されるようになるという話をよく耳にするようになり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

今回、小学校2年生の息子と一緒に、オンラインでプログラミングを学べるTech kids online coaching(テックキッズ)の体験レッスンを受講してみました!

小学生を中心に人気のプログラミング教育を口コミレビューしていきます。

Aya
Aya

オンラインで色々プログラミング教室を受けてみたので、他の教室との比較した感想もお伝えしていきますね。

Tech Kids Online Coaching
公式ホームページ

Tech kids online coaching のプログラミング学習

<テックキッズ 3つの特徴>

① QUREOで自宅学習
  ビジュアルプログラミングだから小学生でもわかりやすい

② 主体的に取り組む姿勢を育む
  月に3回のコーチングで目標意識を持って取り組める

③ チャットサポート
  分からないことはすぐに解決できるシステム

特徴の1つずつを、ママ目線で感じたことも交えてご紹介していきます!

Tech kids online coachingの特徴①
QUREOのプログラミング学習

QUREO(キュレオ)というのは、子供向けのビジュアルプログラミングのソフトの名前です。

一般的に使われるプログラミングはコードを使用しますよね?

こんな感じ↓↓↓

これじゃ意味不明ですよね(゚д゚lll)

なので、子供にプログラミング基礎を学べるように開発されたのが、コードがブロックにビジュアル化されたプログラミング

<ビジュアルプログラミングとは>

さまざまな機能を持ったブロックがコード代わりになり、プログラミングの概念を学ぶことができる。

世界中で子供のプログラミング学習に役立てられている手法。
中でもTech kids online coachingでは、QUREOというゲーム感覚で学べるソフトを採用しています。
 
こちらは、「よけてかわしてゲーム」。
・敵キャラが左右にずっと動き続ける動作
・ポインターに合わせてキャラクターが動く動作
この2つを組み合わせて、ゲームを作りながらプログラミングの動作を学びます。
 
↑の例で言えば、「ずっと」ブロックに「マウスポインターへ行く」ブロックを入れ込むことで、動作がくり返し行われるようになります。
 
Aya
Aya

体験レッスンを受講した小学校2年生の息子が、その日のうちにこのゲームを自力で作ることができました!

うちの子、プログラミングの才能あるかも!?

という訳ではなく…ちゃんとお手本があるんです。

 

先生は、こちらのアルゴくん。

画面下や、解説動画の中でふわふわ飛びながら、プログラミングの基礎を教えてくれるんです!

相棒のようにいつも子供のとなりでサポートしてくれます。

なので、基本的に親のサポートはなくても、子供1人で学習できる仕組みになっています。

QUREOにはRPGのようなストーリーをたどりながら、プログラミングを学習します。

未来都市キュレオシティに悪(バグ)が発生し、アルゴと一緒に街を取り戻すために想像力を使って、街を取り戻す。
映像やキャラクターもきれいで、ゲーム感覚で子供が楽しんでプログラミングを学べる工夫を感じます。
<QUREOの特徴>

・アルゴくんと一緒に、子供が好きなだけプログラミングが学べる

・お手本があるから、小学生でも1人で学べる

・ゲーム感覚の美しい映像とキャラクター設定

・RPGのような子供をわくわくさせるストーリー

・240レッスンのボリュームで初心者から上級者へレベルアップできる

テックキッズ専用の学習カリキュラムが組み込まれているのも、Tech Kids Online Coachingの魅力です!

まだタイピングができない、小学校低学年の子供の受講も増えてきているそうですよ!

QUREOにはプログラミング学習だけでなく、タイピングを練習する機能もついています!

________ママ目線で一言________

Aya
Aya

できるところは自分でどんどん進めていくことができる点がいいですね!

レッスンが終わっても子供みずからQUREOで遊んでいる姿を見て、夢中になって知識を吸収している姿に感心しました。

他のオンラインプログラミング教室では、カリキュラムに沿って学ぶので最初に簡単な学習をしている時間がもったいないと感じていました。

超基礎な部分は自分でサクッと学習することで、やる気満々の習い始めに、思いっきり学習できるのが自主学習の魅力。

レベルも基礎レベルから始まるので、他のプログラミング教室でつまずいてしまった子供もQUREOなら楽しんで学習できると思います。

Tech kids online coachingの特徴②
主体的に取り組む姿勢を育む

Tech kids online coachingは、イメージするオンラインプログラミング教室とは少し異なるかもしれません。

<オンラインコーチング>

月に3回あるオンラインコーチングでは、先生とマンツーマンでお話する時間が30分あります。

このオンラインコーチングは、3つの使い方ができるので、より子供のニーズに合わせたレッスンになるんです。

\ 使い方① /
プログラミング教室として先生と学習

プログラミング教室のように、先生と一緒にプログラミング学習を進めることができます。

Aya
Aya

小学校低学年の場合は、自分で学習しながらも難しいところは先生と一緒に学べると安心ですね。

\ 使い方② /
自主学習して分からなかったことを聞く時間にする

「キャラクターの動きがおかしいけど間違っているところが分からない」

学習には疑問はつきもの。

先生と直接会話する中で、解決していくことができます。

\ 使い方③ /
コーチングで着実にステップアップ

「今週はこんなに成長できたから、来週、先生に会うまでには◯◯◯をできるようにしたいね」

そんな目標を設定をすることでより先に進める原動力を得ることができるのがコーチング。

先生はモチベーションアップをしてくれます。

<コーチングとは>

自分から行動できるように、今の自分に必要なスキルや知識を確認して、なりたい自分になれるよう導くこと。
Aya
Aya

もちろん、この3つのどれかに絞るのではなく、希望に合わせて掛け合わせていくのも良いですね!

テックキッズには、プログラミング検定を1つの目標に設定することもあります。

キッズプログラミング検定は子供向けの試験で、QUREOなどのビジュアルプログラミングの基礎力や応用力を問われます。

つまり、楽しいプログラミング教室という線を超えて、自分んでしっかり成長していく指標を持つことができる、オンラインのプログラミング教室なんです。

<コーチングの特徴>

・月に3回(固定の曜日&時間)にマンツーマンでコーチングを受けられる

・コーチング時間は1回30分

・1人ひとりの特性や年齢に内容を合わせてもらえる

・コーチが子供の目標ややる気を引き出してくれる

・子供が自分で学習していく姿勢をコーチと築ける

・コーチと一緒にプログラミングをしてもOK

・分からないことを質問してもOK

・Zoomのスクリーンシェアを使用して保護者のサポートなしでレッスン可能

・振替は1回までできる

________ママ目線で一言________

Aya
Aya

年齢によって必要なサポートが違うので、個々の子供に合わせた内容で先生と話せるのは安心だと思いました。

息子は小学校2年生ということもあり、オンラインでプログラミングについていけるのかな?という不安がかなりありました。

でも、マンツーマンなので取り残されるということがありません

複数の子供がクラスにいるプログラミング教室に入ったときは、ついて行けてないなと感じたことがあったので、その点はマンツーマンの良さを感じます。

「どう思う?」と息子の感じたことも聞いてくれる先生だったので、息子の感性も重視してくれていると感じました。

Tech kids online coachingの特徴③
チャットサポートですぐ聞ける!

Tech Kids Online Coaching 紹介ムービー

チャットサポートでの会話の様子が、こちらの動画で見ることができます。

QUREOは自ら学習を進めていけるソフトではありますが、怖いのは子供のつまずき

急に分からないところを子供に聞かれても親だって「いきなり聞かれても分からない!」ってなりますよね^^;

Tech kids online coachingは、チャットサポートがあり、子供が自分でチャットしてもOKです。

だから、先生にお任せしっぱなしできる仕組みなんです。

返信は当日か翌日にもらえるので、子供の分からないにすぐ対応してもらうことができます。

<チャットサポートの特徴>

・子供から先生にチャットで連絡できる

・返信は当日or翌日までにもらえる

・分からないところがすぐ聞ける

________ママ目線で一言________

Aya
Aya

コーチングの時間外でも子供の疑問に対応してもらえるところは、他のオンライン教室とは違って使いやすい点だと思います!

自主学習で進めていけるQUREOなので、分からないところは早く解決して、レッスンを進めていけるのはうれしいですね。

小学校2年生の息子は漢字変換などに不安が残りますが、年齢が上がれば自然と解決できると私は感じています。

Tech kids online coaching
体験レッスン

Tech kids online coachingの体験レッスンは公式ホームページから申し込むことができます。

Aya
Aya

私が申し込もうとした時には10日先まで満席でした。

<体験レッスンの内容>

・先生とレッスン 60分

・保護者へのお話 30分
くー
くー

体験レッスンでは、QUREOを実際にさわることができるよ!

体験レッスンに必要なものは特にありません。

事前にZOOMのメーティングIDとパスワードが送られてくるので、ZOOMを使えるようにしておけばOKです!

デバイスはタブレットパソコンが見やすくて使いやすいと思います。

<子供の体験レッスンの内容>

・自己紹介

・プログラミングって何かな?

・QUREOのログイン&操作

体験レッスンは、プログラミングが初めての子供でも大丈夫なように、手取り足取り先生が導いてくれました。

子供目線にしっかりおりてきてくれるので、話がしやすい雰囲気です。

実際のQUREOを使ってレッスンでは、ZOOMの画面共有の機能を使ってレッスンを受けます。

くー
くー

画面上に目印をつけて教えてもらえるのでわかりやすいよ!

プログラミングに熱中していると、あっという間の60分でした。

次は保護者と先生のお話ですが、こちらは30分のみ。

Tech kids online coaching の説明を受けたり、参加特典などの説明がありました。

ここで、疑問点などを聞くことができます。

Aya
Aya

子供と話し合ってから入学するかどうか決めたいことを伝えました。今すぐ入会するようになどの営業は感じませんでした。

Tech kids online coaching
どんな子供のタイプが合うの?

最近、Tech kids online coaching で増えている生徒層は小学校1〜2年生なのだそう。

そして、一番多い層が小学校3〜4年生

受講してみて感じた、Tech kids online coaching を使いこなすために、あると良いなと思った子供の素質は3つあります。

① 読む&見て実践する力
  QUREOは自分で学習する要素が強く、説明文や解説を理解する力が高いほど学習がスムーズ

② チャットを使う力
  自分の疑問を文章にしてチャットで伝えることができるとチャットサポートがより使いやすい

③ 目標を意識してがんばる継続力
  コーチングで先生と立てた目標を意識して学習に取り組む姿勢

小学校2年生と5年生を持つ親の所感を率直にお伝えします。

小学校低学年の場合

おすすめポイント

・ゲーム感覚でプログラミングを学習できる

・素直に先生の言葉を受け止められるお年頃

<心配なポイント>

・文章を読み解く力がまだ弱い場合がある

・チャットで自分の言いたいことが説明できるよう、親のサポートがあった方が的確に伝わる

Aya
Aya

QUREOではアルゴくんの解説やヒントがあるので、文章が完璧に理解できなくても、感覚的に分かる仕組みです。

小学校2年生の息子も文章は読み飛ばしながらも、ヒントなど感覚的にわかる要素を見ながらプログラミングを作っていました!

小学校低学年でも、ゲーム感覚でプログラミングの基礎にふれてみたい!子供におすすめ

小学校中学年の場合

おすすめポイント>

・読解力がついてきてQUREOの学習内容がより理解できる

・チャットで聞きたいことをしっかり伝えることができる

<心配なポイント>

・特になし

受講者数が多い小学校3年生〜4年生はQUREOのビジュアルプログラミング学習の最適年齢

小学校高学年の場合

おすすめポイント>

・QUREOの内容や意図を理解し、応用していくことができる

・キッズプログラミング検定の上位級を目指して学習できる力をつけやすい

・初心者から始めても、理解力が上がってくる年頃だけに学習をどんどん進められる

心配なポイント

・すでにビジュアルプログラミングで学習したことがある場合は初めの方のレッスンが簡単すぎる

・中学受験を予定している場合、時間の確保が難しくなる

学習能力が高まる年齢だけに、QUREOを深く理解しながら学習できる

ビジュアルプログラミングは小学生で終了し、コードを使ったプログラミングを中学校入学前くらいから入る子供が多いようです。

QUREOでプログラミングの基礎を学習して、中学校ではコードを学んでいけるベースを作れると理想的ですね。

最後に

今回は、プログラミングをオンラインで学習できるTech kids online corching を取り上げて口コミレポートしました。

今まで受講してきたプログラミング教室の中では、もっとも子供自身にあったペースで学習できるプログラミング教室だと感じました。

・QUREOを使って好きなだけ自主学習できる

・学習の進捗や目標をコーチに見てもらえる

・マンツーマンだから取り残されない
先生は情報系の大学生なので、年上のお兄さんお姉さんといった感じで楽しい雰囲気です。
 

マンツーマンで先生と話せるので、大人数のプログラミング教室で起こりがちな置いてきぼりもありません。

また、半年に1回は自分の作ったゲームのプレゼンテーション大会も行われるので、人前で発表する力を養うこともできます。

こちらのブログ記事が子供のプログラミング教育の参考の1つになればうれしいです!

こちらのブログ記事を読んで、「まだビジュアルプログラミングが早いかな?」と思った方もいるかもしれません。

そんな方には、発想力を鍛えることができるSTEM教育や、レゴを作ったプログラミング教材がおすめです。

▼レゴのブロックをプログラミングで動かせる教材

組み立てた物が動くから、幼稚園~小学校低学年にわかりやすい!

▼考える力をもりもり育ててくれるSTEAM教材

プログラミングにつながる遊びコードクラスターをはじめ、自分でアイデアを出すことのできるタブレット学習。

タイトルとURLをコピーしました