LeapFrogの人気DVD Letter Factoryでフォニックスを学ぼう!

リープフロッグ

こんにちは。
バイリンガル子育て7年目のAyaです。

Letter FacotoryはLeapFrogのDVDの中でも、フォニックスを学べる優秀なDVDです。

10枚パックに入っているPhonics Farmと同様に、歌を交えて楽しくフォニックスを覚えることができます。

娘は年長の時にこのDVDに出会い、一気にフォニックスを身につけ、英語を読み始めるきっかけになりました。

そこで、今回はアメリカのママからも人気の高い LeapFrog のDVD ”Letter Facotory”の内容をご紹介します!

スポンサーリンク

Letter Factoryのストーリー

3人兄弟の末っ子のTadは5人家族で、お父さんはアルファベットを作る工場Letter Factoryに勤めています。

ある日、Websleyというアルファベットブックを作る出版社が、トーキングアルファベットの本を制作するために工場に視察にやって来ます。

お父さんがWebsleyを工場見学に連れて行く間に、子供たちとお母さんはプレゼンテーションの準備をすることに。

ここで重要な役割を果たすのが、主人公のTad。

お兄ちゃんのLeapに、まだ小さいから座ってプレゼンテーションを見ていてと言われてしまい、とぼとぼ工場内を歩いている時にQuigley教授と出会います。

事情を知った教授はTadを連れてアルファベットが、正しい音を身につけるためにトレーニングを受けているA~Zの各26部屋を案内し、Tadにフォニックスを教えます。

無事にフォニックスを覚えることができたTadはプレゼンテーションに貢献。

最終的にLetter Factoryのアルファベットが本に採用されるというお話です。

Phonics学習の構成

1つのアルファベットにつき、1分弱でフォニックスを学習する流れなので展開が早く、飽きが来ません。

4つの構成で、効率的にフォニックスの音に親しめる作りになっています。

① 部屋の扉を開ける
  アルファベットの大文字小文字の確認

② トレーニング中のアルファベットを見学
  正しい音を耳から聞いて学習

③ アルファベットと一緒に発声練習
  実際に声に出してフォニックスを練習

④ 歌を歌って覚える
  歌でさらに音の理解を深める

各部屋には先生と生徒のアルファベットがいます。
例えば、Cの部屋には雪が積もり、ColdのCの音でフォニックスを学びます。
 

Eの部屋の先生は耳が遠く、「ここはEの部屋ですか?」という問いかけに「え?」と聞き返した音が、Eのフォニックスの音だとQuigley教授が教えてくれる、という感じでストーリーが進みます。

26アルファベット全ての部屋はデコレーションも違い、部屋や先生の雰囲気が異なります。

Aya
Aya

DVDの中には様々な単語が出てくるので、フォニックスだけでなく単語も覚えられます!

Letter Factoryに出てくる歌の部分だけを編集している動画をYouTubeで見つけました。

letter sounds youtube

それぞれの部屋の雰囲気も違いますし、Quigley教授の服装も状況に応じて変わるので、次の部屋はどんな感じだろう?と楽しみになる構成です。

各アルファベットを1分弱で紹介し、歌を交えて学べる構成

他のDVDとの比較①
Phonics FarmとLetter Factoryの違い

LeapFrogで人気の10枚セットに入っている、Phonics Farmも同じように1つ1つのアルファベットの音を学ぶことのできるDVDです。

Phonics Farmの内容
貨物列車の1つのコンテナにつき1つのアルファベットの動物がのっており、歌を交えてフォニックスの音を学びます。(例:colorful Camel)

Phonics Farmは、犬のスコットと友達たちが活躍するストーリで、アメリカの2-5歳が対象です。

それに対してTadが英語を習得していくシリーズは、スコットシリーズより対象年齢が上がるDVDが多いです。

ただし、フォニックスが学べるLetter Factoryについては、Phonics Farmと同じ2-5歳が対象年齢となっており、難易度は同等レベルです。

同じようにフォニックスを学べる内容ではありますが、画面構成やストーリーが全く違うので、2枚とも購入してもそれぞれ楽しむことができます。

Aya
Aya

Phonics Farmは持っているけど、もっとフォニックスを強化したい場合にも、Letter Factoryはおすすめです。

どちらのDVDもフォニックス学習にピッタリ

ストーリー構成は違うので両方買っても楽しめる!

他のDVDとの比較②
Talking Word FactoryとLettere Factoryの違い

Talking Word FactoryもDVD10枚セットに入っているので、持っている方の多いDVDです。

アルファベットの工場が舞台になっている所や、Quigley教授が出てくる点では同じですが、この2枚のDVDは学べる内容が違います。

Letter Factoryはアルファベット単音のフォニックスを学べるDVD。

Talking Word Factoryは、アルファベット同士がくっついた時にどのような音になるのか、読む練習のできるDVDです。

例えば、F U Nが合わさば、ファンと発音できるなど、Letter Factoryよりも内容が高度になります。

Letter Factory
フォニックス学習

Talking Word Factory
アルファベットが組み合わさった時の音の学習

Letter Factoryのゲーム

Letter FactoryのDVDにはフォニックスの復習ができるゲームがついています。

音を聞いて、どのアルファベットの音か当てるゲームで、パソコンや、ポータブルDVDプレイヤー、テレビ画面でも楽しむことができます。

パソコンの場合:
該当のアルファベットにカーソルを合わせてクリック

テレビ・DVDプレイヤーの場合:
リモコンの矢印ボタンを押して該当のアルファベットに進んだら、決定キーを押す
Aya
Aya

正解だと風船が飛んで次の問題に移る、という単純なものですが、うちの子供は楽しんで遊んでいました。

Letter Factoryで楽しめること

メインメニューには、4つの項目があります。

● Play
  アニメの再生ができます

● Scene Selections
  見たいシーンを選んで再生できます

● Alphabet Games
  アルファベットゲーム

● Trailers
  他のLeapFrogのDVDの紹介

もちろん全て英語なので、他のDVDの広告のTrailersでさえ、英語学習にぴったり!

Aya
Aya

見ているうちに、違うDVDが欲しくなってしまいます。

DVD10枚が入ったメガパックの内容はこちらのブログ記事にてレポートしています!

リープフロッグ「フォニックスがわかるDVD」はコレ!7歳の娘が勝手に英語を読み始めたDVD 【徹底解説

最後に

今回は、フォニックスを学べるLetter FactoryのDVDの内容をご紹介しました!

フォニックスが分かると、英語を読む力がついて来ます。

アメリカやイギリスの幼稚園や小学校1年生では必ず習うフォニックス。

LeapFrogのDVDなら、日本にいながらネイティブ圏のようにフォニックスが学べるので心強いですね。

こちらのブログ記事が英語子育ての参考になればうれしいです!

タイトルとURLをコピーしました