子どもが英語ペラペラになるまでの記録⑫【最終回】セブ島教育移住が教えてくれたこと

バイリンガルの記録

こんにちは。
フィリピン セブ島に3年間、教育移住していたAyaです。

「子どもが英語ペラペラになるまでの記録」シリーズは2人の子どもがバイリンガルになるまでの様子を記録したものです。

シリーズの1回目にて私たちの詳しくはお伝えしています。

最終回の今回は、教育移住を終えて感じたことをまとめていきます。

Aya
Aya

私たちは、2020年6月13日に、日本人会が取りまとめてくれた韓国経由のチャーター便に乗って、コロナ禍の中、本帰国しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セブ島への教育移住した理由

教育移住をする当初、私の目的は2つでした。

・子どもたちの英語の習得

・私の海外就職という新しいチャレンジ

私は教育移住するにあたって、正社員で13年続けていた仕事を辞めました。

今まで続けてきたことを辞めることは大きな決断でしたが、辞めることで私だけでなく、子どもたちの可能性もぐんと広げることができました。

子供を持ってから、海外に居住し、仕事をする夢を叶えることが出来ました。

Aya
Aya

セブ島で私たちにかかわってくださった方には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、子供たちはセブ島という面白い環境で育ち、英語が話せるようになっていきました。

でも、この3年間の教育移住を振り返って感じたことは、当初の目的をもっと上回る大きなものを得ることができた、という事でした。

というより、渡航することを決めた時点では、教育移住の表面的なことしか見えていなかったんだと思います。

英語が出来れば、受験に有利だし。

将来、英語ができなくて損することはあっても、英語が出来て損することはないだろう。

英語ができることへの利益よりも、教育移住はもっと大きなものを私たちにもたらしてくれました。

今回は、私たちが得たものをご紹介していきます。

セブ島 教育移住から得たもの① 視野が広がった

みんなと同じじゃなくたっていい

今まで、常に誰かの視線を気にしていきていたんだな、ということに私はセブ島に暮らして気づきました。

それまでは、自分は「個」として生きていると思っていましたが、常に周りを意識して協調しながら生きていました。

例えば、セブ島にはファッションの流行りはありません。

ビーチサンダルとショートパンツ、Tシャツがローカルの人の普段着です。

だから私も、好きな服をきて過ごしていました。

日本から持ってきた服はフィリピンでは珍しかったけれど、別に後ろ指を指されたことはありません。

逆に、フィリピン人的な短パンははきませんでしたが、空気読まないな、みたいに思われたことはありません。

これは、子育てにも言えることでした。

雇っている高卒の家政婦に勉強を教えさせるなんて、みたいなことは言われなかったし、実際、その家政婦さんになついて子供もテストで良い点を取っていました。

人に〇〇って思われたらどうしよう。

そういう考え方から、解き放たれたのがセブ島での生活でした。

自分が何をしていればハッピーだと感じるのか。

私たちの状況に本当に合うものは何なのか。

子供が何をすればハッピーと感じるのか。

守らなければならないルールは守りながらも周囲を気にしない体験が、自分主体で考えて行動できるきっかけになったと思います。

たった1つの国に住んだだけですが、日本を外から見る機会に恵まれたことは、日本人である自分をみつめるきっかけにもなりました。

「みんなと一緒であること」を手放すと、子育てでも他の子どもと比較して焦ることがなくなり、楽になりました。

スポンサーリンク

セブ島 移住から得たもの② 自然体験

私たちは、セブ市内という空気が良いとは言えない都会で暮らしながらも、大自然を感じる旅に何度もでかけました。

セブ市からタクシーで1時間程度の場所は外国人が多く観光に訪れるリゾートエリア。

例えば、マクタン・セブ国際空港近くのリゾートホテル シャングリラでは、高級リゾートを満喫しながらも、ビーチでは触れそうな位置で魚にエサをあげました。

モアルボアルというセブ市から3時間強の場所では、130センチほどある大きな亀と一緒に泳いだり、イワシの大群をみました。

カミギン島という小さな島では、海にぽっかりうかんだホワイトアイランドで見たことのないくらいの美しい海に出会い、ただただぼーっと立ち尽くすほどでした。

オランゴ島の自然保護区では、マングローブと海の水に囲まれた場所で、全身が赤く染まるような夕日に出くわしました。

パラワン島にスミロン、カモテス島、ボホール島でも、まるで夢のような時間を過ごしました。

Aya
Aya

日本にいたら、私はこんなにたくさんの自然と関わる経験を子どもたちにさせてあげることはできなかったと思います。

将来この経験が何かに役に立つことでは無いかもしれません。

でも、豊かな自然の中で太陽の光をいっぱい浴びて遊んだ経験は、心を豊かにしてくれたと思います。

セブ島 教育移住から得たもの③ 度胸がついた

「私はできない」と決めつけていていたことでも、一歩踏み出せることが増えました。

以前は、英語をちゃんと話せないから、英語を話す場からは完全に逃げていました。

でも、出来ないから話さないのではなく、今の自分でできる精いっぱいの力で英語を話す勇気がつきました。

不思議と話す意欲さえあれば、つたない英語でも伝わりました。

また、相手もそれに応えてくれ、その結果として自分が使いやすい英語表現を身につけることができて話すのが楽しくなりました。

Aya
Aya

満足な英語を話せない時でも、コミュニケーションをとってくれたフィリピン人の優しさにも感謝しています。

「自分は〇〇だから出来ない」という枠から、一歩外に出てみるようになった。

出来ないと思っていたこと、例えば、家の中で虫との遭遇した時に、人に頼るのではなく自分の力でなんとかする。

危ないと聞いていたジプニーに子供と一緒に乗ってみる。

こういう小さな経験を重ねていくことで、何とかなるというどっしり構えた度胸がつきました。

セブ島 教育移住から得たもの④ 英語力が広げてくれる選択肢

子どもたちが英語を話せるようになったことで、進学先が日本でも海外でも、どこでもいいような、そんな気持ちになっていきました。

Aya
Aya

もちろん、本人の意向が最優先なので、はっきりしたことは決めていません。

子どもの将来を広げる進学先はどこか。
子どもの特性を活かせる進学先はどこか。

子どもが大きくなった時に、選択肢を多く持てるように、今は英語力の維持向上に取り組んでいるところです。

また、日本で進学する際は帰国子女枠の受験も視野に入れることができるようになりました。

セブ島 教育移住から得たもの⑤ 子どもたちの成長

日本にいても、セブ島にいても、子どもたちはしっかりと成長していたと思います。

でも、あの教育移住があったから成長できた部分もあったと私は感じています。

強さと柔軟性

日本語の通じないところで、1から生活を作り上げていった経験は、子どもたちの強さや柔軟性を養ったと思います。

特に息子は、英語ゼロで1人でインターナショナル幼稚園に入園しました。

先生はとても優しかったけれど入園した当初は、朝は30分泣き続けていました。

ランチ・お昼寝・アフタヌーンクラスまであったので、ハードだったと思います。

でも、お迎えの時間にはいつも友達と英語が話せないのに楽しく遊んでいました

セブ島移住2年目からは、息子自身も自信をもって英語を話すようになり、行動も積極的になり、卒園児には優秀な子供に送られる賞をいただきました。

柔軟性があり、強い息子の姿は、日本へ帰国してからも見られました。

帰国する頃になると、英語の方が強くなり、変な日本語を話すようになっていました。

また、連絡帳を書くのが遅いなど、日本語力に問題がある状態でした。

でも、日本の学校に苦手意識を持った様子は全くありませんでした。

あらゆることに積極的なわけでは無く面倒くさがり屋なこともありますが、日本語を頑張って習得し、半年後にはずっと日本にいた子供のレベルまで追い付くことができました。

人の大好きな子供に

子どもたちは人が大好きな性格に成長しました。

フィリピンの方は子どもが好きな方が多く、オープンマインドなので、どこにいっても人から受け入れられる経験を重ねてきました。

また、南国在住の外国人同士の気軽さも手伝って、コンドミニアムの中でも国籍にこだわらずたくさんの友達を作ることができました。

だから、人と関わることが大好きですし、上手だとも感じます。

イタリア人とバレーボールをしたり、カードゲームのUNOをしてイタリア語に触れたのも良い思い出です。

子供の仲良くしているカナダ人男性が、私が大荷物を持っているのを見て部屋まで運ぶのを手伝ってくれたこともありました。

子供たちはハワイ出身のおじいちゃんと大の仲良しで、年上にも敬語のない英語独特の感じで1人の友達として付き合っていました。

韓国人のクラスメイトのお家で韓国料理を食べさせてもらったり、フィリピン人には伝統菓子を食べさせてもらい、文化を体感することもできました。

子供たちは、日本人とは違う身なりの人がいても、自分とは世界が違う人とは感じません

セブ島で生活した経験は、子供たちの世界を広げている、私はそう感じています。

最後に

セブ島の自宅にいる頃に前回の⑪を書いていました。

そのころはコロナの影響で、日本へのフライトがキャンセルされ続け、心の中が悶々としていました。

本帰国して日本の生活にもすっかり戻った今、ようやく頭の中を整理することができ、このブログ記事を書き上げることができました。

この12の記録が、2人の子どもが英語が話せるようになるまでのストーリーです。

あっという間に駆け抜けた5年間(内、海外移住3年間)でしたが、その時々は必死なことばかりでした。

英語育児は正解がありません。

・どうやったら子どもが話せるようになるんだろう。

・このマンネリ感をどう解消したらいいんだろう。

・教育移住だなんて何から始めたらいいかなんてわからない

英語も話せない私が、分からないことばかりの中で、行動しながらその都度、着地点を模索し物事を進めていきました。

教育移住は大きな決断ですが、移住期間によっては実際に、我が子が英語をペラペラ話し始める、そんな夢のような現実が待っています。

そして、私自身も考え方が変わり、英語が話せるようになったことで、世界が突然広がりました。

外国暮らしは注意しなければならないことも多いですが、親も子も成長できるという大きな側面があります。

こちらの記事が英語教育や教育移住の参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました