赤ちゃんから始めたい【英語の聞き流し】実際に効果のあった方法を実体験からお話します。

おうち英語

こんにちは。
バイリンガル子育て6年目のAyaです。

いきなりですが…

「話している内容も分からないのに、英語の聞き流しなんて効果があるの?」

なんて、疑問に感じたことはありませんか。

Aya
Aya

かくいう私も、確信を持てないまま、聞き流しをスタートさせました。

でも、子供たちがバイリンガルになる過程で、英語の聞き流しの効果の大きさを感じずにはいられない出来事に遭遇したんです。

そこで今回は…

・赤ちゃんのうちから英語聞き流しを始めたい理由

・使いやすい初心者向け聞き流しアイテム(無料アプリ・YouTube・CD)

を実体験を交えて、ご紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語の聞き流しは赤ちゃん&低年齢の子供に効果大⁉

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: minnie-zhou-0hiUWSi7jvs-unsplash-500x333.jpg

私は、息子1歳8か月娘5歳の時からおうち英語を始めました。

取り組んでいた内容は、英語の聞き流し

休日には英語のDVDをみせていました。

それから、お家英語2年目から娘はオンライン英会話を始めました。

Aya
Aya

英語の絵本も用意していましたが、あまり活用できない状態でした。

娘と息子は同じ環境で育ち、同じように「英語」を話せるようになりました。

でも、2人の「英語」に大きな違い1つだけあります。

それは、アクセントです。

息子の英語の発音は、アメリカ人も認めるアメリカンアクセント

娘の英語は、フィリピンなまりの英語です。

これには2つの理由があります。

理由①

私たちは2年間のお家英語をへて、フィリピンのセブ島に3年間教育移住していました。

なので、身の回りにはフィリピンなまりの英語があふれていて、子供がフィリピンなまりの英語になるのは仕方のない状況でした。

ではなぜ、息子だけがフィリピンなまりの英語を話さないのでしょうか。

理由②

お家英語を始めた年齢です。

娘はすでに年中の年齢で、日本語も達者でした。

それに引き換え、息子は2歳前でまだまだ日本語もままならない状態で、アメリカンアクセントの英語を聞き始めました。

Aya
Aya

私はセブ島で、子供たちの英語のアクセントがそれぞれ違うことに気づき、聞き流しは小さな子供に影響が大きいことを、身をもって知りました。

では、なぜ赤ちゃんの方が、英語の聞き流しの効果が高いのでしょうか。

赤ちゃん&幼児に英語の聞き流しが効果的な理由

赤ちゃんが言語を発達させていくためには4つの段階があります。

1.聞く
2.話す
3.読む
4.書く
生まれたての赤ちゃんは、ひたすら音を聞いて言葉を頭に入れていきます。
 
1歳くらいになると、聞いた音を模倣して話しはじめます。
 
話す&間違える → 修正する を繰り返すことで、言葉の正確な意味を身に着けていきます。
 
幼稚園に入ると読むことにも興味を持ち始め、卒園のころには書く能力を獲得します。
 
Aya
Aya

赤ちゃんの時は耳から言語を習得する能力が高いので、英語の聞き流しも小さいうちがより効果が高くなります。

参考:ことばの発達の謎を解く (ちくまプリマー新書)
   ディズニー英語システム無料サンプル DVD

息子は、初めはフィリピンなまりの片言の英語で話していました。

でも、滑らかに英語を話し始めた移住10か月後くらいには、すっかりアメリカンアクセントの早口の英語に変わりました。

頭の中にインプットしていたアメリカンアクセントの英語につながったのだと思います。

赤ちゃんのうちに耳からインプットした英語は、頭の中に残っている
Aya
Aya

娘は5歳になってからのスタートではありましたが、セブ島のインターナショナルスクールに通い始めた時、1か月後には短い文で英語を話せるようになっていました。

友達の話した言葉を耳でコピーできる力も、英語の聞き流しで培われた力だと思います。

一緒に聞いていたはずの私は、人の話した言葉を耳でコピーすることはできませんでした。

赤ちゃんと比べると効果は薄くても、5歳のスタートでも十分効果があるので、安心してくださいね!

Aya
Aya

バイリンガルになった今でも、英語の聞き流しは続けています!

スポンサーリンク

おすすめの英語の聞き流し方法


英語の聞き流しは特に決まった方法はありません。

1日に何時間するのか、どのような音源を取り入れるのかは好きに決めることができます。

実際に、私は日本でフルタイムのワーキングママだったので、平日は朝晩1~2時間の聞き流ししかできていませんでした。

こだわったポイント

・毎日取り組む

・音楽だけでなく英語絵本の読み聞かせも聞き流す
この2つだけでした。
 
主に食事時間や寝るまでのちょっとした時間にラジオ感覚で聞き流していました。
 
聞き流しをしている間も、日本語で会話をしていたので、英語がちゃんと耳に入ってるのかな?と心配だったほどです。
 
おすすめの聞き流しの方法

・子供が興味をもてるもの

・毎日の習慣化
私はこの2つにつきると思います。
 
慣れてくるとついつい忘れてしまうことも出てくるので、習慣化できるのが理想的です。
 
それでは、子供が楽しめる聞き流しの音源の参考となるよう、無料アプリ・YouTube・CDをご紹介していきます!

英語の聞き流しのできる無料アプリ

とにかく色々と聞き流したい人におすすめなのが、iPhoneでもAndroidでもダウンロードのできるSportify(スポティファイ)です。

・英語の子供向け英語音楽

・ディズニー音楽(英語バージョン)

・英語絵本の読み聞かせポッドキャスト

・サイエンス系のラジオ番組

・子供向けジョーク番組
様々な音源があるので、子供の年齢や英語のレベルにあわせて音源を見つけることができます。
 
広告をスキップできる有料プランもありますが、無料でも十分使うことができます。
 

ディズニーの英語音楽 Disney English

ディズニーの最新映画「ラーヤと龍の王国」をはじめ、アナと雪の女王、ライオンキング、モアナ、トイストーリーなどの映画の音楽を英語で集めたプレイリストがあります。

「Disney」と英語で検索するだけで、似たようなプレイリストがたくさん出てきます。

英語の童謡 Nursery Rhymes for Children / The Classics

赤ちゃんや幼児さんに向く、英語の童謡のプレイリストもたくさんあります。

例えば、このプレイリストなら、ロンドン橋や、幸せなら手をたたこうなどが入っています。

英語圏では有名な、Five little monkey、Rain Rain Go Away、Wheels on the Bus、Hokey Cokeyなども収録されています。

ディズニーの英語絵本の読み聞かせ Disney Magic of Storytelling

アナと雪の女王や、ミッキーマウスクラブハウス、シンデレラ、モアナ、アラジン、ティンカーベルなどのお話を3分程度~10分ほどで読み上げてくれます。

効果音があるので、子供の気を引いてくれるのも嬉しいポイントです。

本当にお家英語に使える!と思ったアプリなので、ブログ記事にもまとめています。

英語の聞き流し&英語絵本の読み聞かせができる 無料アプリSportify【子供向け】おすすめ番組17選

英語の聞き流しができる子供向けYouTube

英語の童謡 Little baby Bum

I Love Reading Books – Storybook Adventures! | New Little Baby Bum: Nursery Rhymes & Baby Songs

かなりたくさんの英語の童謡を提供しているチャンネルで、英語初心者にはおすすめです。

再生回数も多く、世界中で利用されている様子がうかがえます。

英語の読み聞かせを聞ける Storyline Online

出版されている英語絵本を読み聞かせてくれるサイトStoryline Online

サイトから、読みたい本を選ぶとYouTubeの動画につながります。

また、動画に字幕がつくので文字に興味が出てくるお年頃の子供にもぴったりです。

フォニックスを学べる英語YouTube

Phonics – Learn to Read | The Letter 'A' | Journey Through the Alphabet! | Alphablocks

かなりおすすめなのが、Alphablocks(アルファブロックス)です。

単純にストーリーが面白くて、このYouTubeを紹介するとはまる幼稚園児たちが多い!というのが、一押しの理由です。

フォニックスが自然と身につくので、英語の単語や文章を読む力を養うことができます。

英語の聞き流しができるCD

私が初めておうち英語に取り組み始めた時に使ったのがディズニーの英語システムのCDでした。

シングアロングについている歌のCDと、メインプログラムについている英語の読み聞かせのCDをずっと聞き流していました。

Aya
Aya

「ディズニー英語システム」 は、アメリカンアクセントを採用していたので、息子の英語もアメリカンアクセントに成長してくれました。

ディズニー英語システムはCDの枚数が多く助かりましたが、高額&教材が多くて場所をとるのが難点。

最近は、コンパクト&お値段もお手頃なミライコイングリッシュ が人気があります。

ディズニー英語システムと同じ
\オールイングリッシュ方式/

最後に

今回は、1歳8か月と5歳で英語の聞き流しを始めた子供たちの英語の違いをもとに、赤ちゃんから英語の聞き流しをする効果をレポートしました。

英語を知らない子供に英語を聞かせるなんて⁉

一見、意味が無いように見えますが、子供の耳は柔軟に音を受け入れることができます。

教育改革で、今後リスニングは教科学習&受験で比重が増えてきています。

子供が小さなうちから、使いやすくて無料のアプリやYouTubeを使て、効果的に英語の聞き流しができたらよいですね。

今回の記事が、英語子育ての参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました