【体験談】リープフロッグLearning Friends 100 Words Bookレビュー

リープフロッグ

こんにちは。
バイリンガル子育て6年目のAyaです。

先日、英語初めての1歳の子にリープフロッグのおもちゃをプレゼントする機会がありました。

遊びが大好きな赤ちゃんや子供に、楽しみながら英語に親しんでほしい

小さな子供って音のなるおもちゃが大好きなので、喜んでくれるんじゃないかな。

と、思って選んだ100 words book 100 Animal book。

ママ
ママ

ほぼ初めて英語にふれたのに楽しんでいます!
もうすぐ生まれる赤ちゃんにも遊ばせてあげたい。

そんな嬉しい感想をいただけたのも、アメリカで人気の知育おもちゃメーカーのリープフロッグのおもちゃだったからだと思います。

そこで今回は、1歳からできる英語子育てにぴったりな、音の出るおもちゃ100 words bookと、100 Animal book の2つについてレポートしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リープフロッグのLearning Friendsシリーズ

● 100 Words Book(右)
 色や食べ物、体のパーツなど、身近な100個の英単語が学べるおもちゃ

● 100 Animals book(左)
 100種類の動物の鳴き声や、英語での読み方を知ることができる音の出るおもちゃ

どちらも日本語は一切無しのアメリカのおもちゃなので、ネイティブ圏の子供のように自然と英語にふれることができます。

対象年齢は18か月~4歳です。

色はこちらのグリーン×ブルーが差し色になったものと、ピンク×パープルになったものの2種類から選べます。

どちらもプラスチック製の丈夫なつくりで、ページもしっかりしているのでお口に入れてしまっても破れる心配がありません。

日本ではAmazonや楽天市場などでの取り扱いはありますが、アメリカのおもちゃなので知らない人も多く、まず人とかぶりにくいおもちゃでもあります。

▼リープフロッグのLearning Friends 100 Words Book紹介動画がわかりやすいです!

実際に使ってみた、特徴を見ていきます。

Learning Friends 100 Words Book
どんな音が流れるの?

100 Words Book は生活に身近な100個の単語を学べるおもちゃなので、まず初めての英語に向いています。

右はしの緑色の電源ボタンを入れると…

Hi, friend! Let’s explore. Open the book.
こんにちは! 本を開いて冒険にでかけよう!

と、明るい声で音声が流れます。

小さな子供向けなので、英文が短くわかりやすいです。

この英語絵本の右はしには、機能を切り替えるボタンがついています。

拡大すると、こんな感じです。↓↓↓

● Words
  英語のことばを学ぼう

● Fun facts 
  単語を使って表現しよう

● Fun sounds
  ものの音を学ぼう
パンダを例にあげて見ていきます。

Words モード
Panda(読み上げ音声) + 鳴き声

Fun facts モード
This panda is black and White. + 鳴き声

Aya
Aya

Fun factsモードでは英語の例文を聞くことが出来ます。

Fun sounds モード
鳴き声

どのモードでも、鳴き声や水の流れる音など、関係する音が入っていて、子供の気を引く仕組みになっているところも、小さな子供に人気なポイントです。

スポンサーリンク

Learning Friends 100 Words Book
英語おもちゃの内容

ペット&動物の英語

1ページ目は猫や犬、ペンギン、カバなど生活圏内や動物園で出会える身近な動物が取り上げられています。

Aya
Aya

まだ指が上手に動かせない幼児さんでも遊びやすいように、1つ1つの絵が大きくて、タッチしやすいつくりです。

フルーツ&食べ物の英語

次のページは、レモンや、オレンジなどのフルーツ、それからブロッコリーやご飯などの食べ物を学びます。

Aya
Aya

食べる時の効果音が英語の後に流れるので、赤ちゃんや幼児さんも感覚的に楽しめます。

食事&服の英語

Mealtimeでは、テーブル、フォークなどの8つの英語にふれあいます。

Clothesでは、手袋やシャツなど8つのベーシックな単語がでてきます。

Aya
Aya

毎日触れ合うものばかりなので、親しみがわきますね。

色&体のパーツの英語

色では、ピンク、オレンジ・赤・茶色・緑・青・紫・黄色を学びます。

体のパーツは、目、鼻、口、足、腕、手、耳など体の基本的なパーツを知ることが出来ます。

タッチすると、色をイメージする音楽が流れるので、明るい雰囲気のページです。

動き&アウトドアの英語

Activitiesでは、eatやsleepなどの基礎的な動詞だけでなく、腹ばいや、ハイハイするという意味のcrowlが入っていて、幼児用の英語おもちゃらしさを感じます。

Outsideでは、虹や太陽、花などの自然に関する英語に触れることができます。

乗り物&反対言葉の英語

最後のページでは、男の子が好きな電車や車が出て来ます。

また、右側のページでは、暑い⇔寒いというような、反対言葉も自然と知ることができるつくりになっています。

Aya
Aya

どのページもカラフルで、写真やイラストがかわいい構成です。

Learning Friends 100 Words Book
どんな音楽が聴けるの?

右下の星ボタンを押すと、光りながら音楽が流れるしくみになっています。

ページに合わせた音楽や音声が流れます。

ちなみにこのおもちゃ、英語とスペイン語の2ヶ国語で構成されています。

が、日本語と英語で構成されているバイリンガル版も発売されています!

英語も日本語も同時に吸収したい幼児さんにはピッタリですね!

では次に、動物版の英語絵本を見ていきます。

音が出る動物図鑑!?
Learning Friends 100 Animal Book

100個の動物の英語を遊びながら知ることのできる、100 Animal Books。

はじめての動物図鑑のような雰囲気で、こちらも英語はじめての幼児さんが楽しめること間違いなしの音のなるおもちゃです。

持ち手がキリン柄になっているところもかわいいですね。

Learning Friends 100 Animal book
英語おもちゃの内容

農場&サバンナに住む動物

農場のページではCowや Horse などの単語や鳴き声にふれあうことができます。

ここで面白いのは、動物の赤ちゃんの名前も知れるところ。

Aya
Aya

Pigの子供の時は Pigletということも、学ぶことができます!

砂漠&北極に住む動物

熱い砂漠に住む動物と、寒い地域に住む動物の違いを探せる楽しいページ。

どのページでも、英語の音声+動物の鳴き声が流れるので、知育にもぴったりです

海&海岸に住む動物

同じ海辺に住む生き物でも、イラストや写真を使って、幼児さんにもかりやすくページが作られています。

Aya
Aya

海の生き物や爬虫類など、たくさんの生き物を知ることができます。

家や庭にいる動物


ペットのほかにも、庭にいる動物としてミミズや、つばめもでてきます。

お外遊びの時にチョウチョやテントウムシなどに出会う機会もあるので、絵本とリアルな世界をつなげられるページです。

熱帯雨林&木で暮らす動物

トラや、ゴリラだけでなく、ピラニアやなまけものなど、ちょっとレアな動物も描かれています。

森&夜の森の動物

最後の2ページはお昼と夜の森が紹介されています。

カラフルな色調なのと、クリアな写真やイラストなので、幼児さんにもわかりやすい印象です。

難点としては、アニマルの方が売り切れていることが多いこと。

こちらも楽しむことができます。

Learning Friends 100 bookシリーズが向いている人

● 知育に興味がある

● 英語教育に興味がある

● 耳の良いうちから英語に慣れさせてあげたい

● 手指が動かす練習を始めたい

● 音が出るおもちゃを子供が好む

うちの息子は2歳になる前から英語の聞き流しをしていたので、5歳から始めた娘と比べても英語の発音がよく、オンライン英会話でもよく褒められます。

小学校3年生から外国語の授業が始まり英語の存在感が増す時代になりました。
赤ちゃんから、おもちゃを通じて英語に親しめる機会があると良いですね。

Learning Friends 100 Bookの口コミ

英語の発音もとてもネイティブで、聞き取りやすく、子供達もずっと集中して遊んでくれています!購入して良かったです!

Amazonレビューより

ネイティブ発音に自然となじめるところが良いですね。

ネガティブな口コミとしては、壊れたというものもあります。

海外製品なので商品が到着したら正常に動くかを確認して、もし初期不良が見つかれば交換をお願いできるように早めに動きたいですね。

メルカリなどでも出品している方がいますが、個人の方なので返金や交換に時間がかかることも考えられます。

万が一のことを考えてAmazonや楽天などで購入している方が安心だと思います。

この他にも、私が実際にLearning Friends 100 Bookを手に取ってみて、良いなと思ったことがあります。

1. 絵がカラフルで見ているだけで楽しい

2.丈夫なプラスチック製で破れる心配がない!

3. 押せば音が鳴るので幼児さんが楽しみやすい

5千円以下で購入できる知育おもちゃなのも魅力です。

お誕生日やクリスマスなどのお祝いにも気軽に使えますね。

Learning Friends100 Words bookが買える場所

リープフロッグはアメリカの製品で、店頭で見かけることはほとんどありません。

(アメリカやフィリピンなど、英語圏の玩具屋さんでは見かけます。)

インターネットで並行輸入品を購入するのが最も手軽な方法です。

Aya
Aya

コストコに置いてあることもあるので、コストコの会員の方はお買い物ついでに探してみてくださいね!

ただ、私は残念ながら今年に入って最寄りのコストコでLearning Friendsシリーズのおもちゃを見かけたことがありません…。

Learning Friends 100 Words Bookの基本情報

●電池は単3が2本必要

 購入時はデモ用の物が入っているので、すぐに遊ぶことが出来ます。

●大きさ

高さ 約4cm × 縦 24m × 横 約23cm

●重さ

約680g

●言語

英語とスペイン語の2ヶ国語切り替え対応可能

Aya
Aya

電源の近くにあるスイッチで切り替えることができます。

絵の下にも、英単語の下にスペイン語がさりげなく併記されています。

さわって! バイリンガルずかん

先程の少し触れましたが、ラーニングフレンズ 100 Words Bookには、バイリンガルバージョンもあります。

日本語も英語もどちらも同じように学習できるの、さわって!バイリンガルずかん。

内容や絵は同じなものの、英語とスペイン語ではなく、英語と日本語表記のおもちゃになています。

もちろん、流れる音声も英語と日本語での切り替えが可能です。

また、ひらがなと英語の2ヶ国語表示になっています。

言葉の種類が多いことに驚きました。このタイプの絵本を本屋さんでよく買いますが、紙でできているので、遊ぶ間にすぐに破ってしまいます。このバイリンガル図鑑はページもめくる部分もしっかりプラスチックでできているので丈夫です。長く使えそうなので大変喜んでいます。

Amazonレビューより

口コミでも、リープフロッグ製品ならではの小さな子供に配慮した作りに高評価がみられます。

英語で英語を学びたい方ならリープフロッグのラーニングフレンズ 100 Words Bookがおすすめですし、日本語も併せて学習したい方は、さわって!バイリンガルずかんがぴったりです。

最後に

今回は、1歳半から使える音のなるおもちゃ絵本をレポートしました。

幼いお子さんでも、安全に楽しく使えて、知育にもなるおもちゃなので、出産祝いやお誕生日プレゼントにも向くと思います。

今回の記事が、音のなるおもちゃ選びや、初めての英語のおもちゃの参考にしていただけたら幸いです!

この他にも、知育にぴったりなリープフロッグのおもちゃをレポートしています!

リープフロッグ
アメリカの知育おもちゃレポート。 赤ちゃんから使えるフォニックスのおもちゃや、6歳で英語を自力読みできるようになったDV...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました