リープフロッグのタッチペン型おもちゃ【リープスタート】で英語ゲームを楽しもう!

リープフロッグ

こんにちは。
おうち英語歴、6年のAyaです。

子供が遊び感覚で英語に親しめる、タッチペン型教材は日本でも人気がありますね。

日本のタッチペンは絵辞典タイプになっていたり、英語の絵本の読み上げ機能が付いたものが多いですが、アメリカのタッチペンは一味違います。

英語音声の指示に従って遊ぶ英語のゲーム

リーディングライティングが学べる

算数STEMを学べる

ディズニーやパウパトロールなどキャラクター教材あり

日本語が入らないので英語をそのまま英語で学べる

今回は、アメリカ人ママから人気の知育おもちゃメーカーであるリープフロッグ(LeapFrog)のタッチペンを取り上げて、日本の物とは違うタッチペン学習をレポートしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リープフロッグのタッチペン型おもちゃ【リープスタート】とは

● ネイティブ圏の幼児~小学校低学年向け教材

ペンと本は別売り

子供が学びたい本を選んで購入するスタイル

絵本を見ながらネイティブ圏の教材ですが日本の幼児から無理なく学ぶことができます。

リープスタートゴー(LeapStart Go)

リープスタートゴーはペン型の学習教材です。

日本のタッチペンと比べるとやや大きめです。

対象年齢:
4歳~8歳(ネイティブ圏)

特  徴:
握りやすい太めのペン設計
※3Dの本に対応しており、ペンから映像を映す機能あり
Aya
Aya

今回は、このリープスタートゴーのレビューをしていきます!

スポンサーリンク

リープスタート (LeapStart for preschool and kindergarden)

こちらは、BOOK型のおもちゃのようなスタイルです。

学びたい本を挟んで、ペンでタッチしながら学習します。

対象年齢:
2歳~7歳(ネイティブ圏)

特  徴:
本をセットしてタッチペンを使いながら遊ぶ
Aya
Aya

どちらもリープスタートなので、本は共通です。

リープフロッグの「リープスタートゴー」を選んだ理由

ネイティブの英語を聞くことができる

英語絵本のリーディングができる本がある

ディズニーキャラクターを起用した本があり親しみやすい

リープフロッグのDVDが好きだったから

ゲーム要素のある本が多く遊びを通じて学べる

アメリカでも人気のある幼児教育教材

ペンタイプなので収納場所を取らない
Aya
Aya

アメリカのAmazonでも星評価4.6を超える評判の良い教材です。

リープスタートの本の種類

リープフロッグのタッチペンと、専用の本を使用することで、学習したい内容を英語で学ぶことができます。

本は、写真の通り様々なものがあります。

くー
くー

幼稚園の子なら形&色、読み書き、英語絵本、パウパトロールの本で楽しく遊べると思うよ!

なーたん
なーたん

小学生なら、料理を通じて割り算の概念を学んだり、思考力を鍛えるSTEMが楽しいと思う!

レベルは1~4までがそろっており、ネイティブ圏の2歳~7歳くらいまでをカバーしています。

レベル1 Preschool 年少
レベル2 Pre-kindergarten 年中
レベル3 Kindergarten 年長
レベル4 1st Grade 1年生

リーディングのできるリープスタートの本

ペッパピッグ Peppa Pig™ Playing Together

読む力、単語力、それから就学に向けてのマナーを学ぶことができる構成になっています。

英語の文が短いので、英語を読み始めたお子さんにぴったりです。

対象年齢:2歳~5歳
レ ベ ル :
3D対応版

ミッキー Mickey and the Roadster Racers Pit Crews to the Rescue

単語力、読む力、そしてストーリーを通じてチームワークの大切さを知ることができる内容となっています。

対象年齢:2歳~5歳
レ ベ ル :1
Aya
Aya

ペッパピッグと同じレベル1ですが、英文量がぐっと増えます。

学習できるリープスタートの本

アナと雪の女王 Frozen Celebrate the Seasons Earth, Life & Physical Science

アナと雪の女王のキャラクターと一緒に、四季や自然についてゲーム感覚で学ぶ本です。

右下のボタンを押すことで、英語で問題が出されます。

絵本の中に回答が隠れているので、それをタッチして遊んでいきます。

対象年齢:3歳~6歳
レ ベ ル :2
Aya
Aya

とにかく絵がきれい!
アナ雪好きのお子さんなら、繰り返し楽しんでくれそうです。

スーパーヒーロー Superhero Vocabulary and Communication Skills

スーパーヒーローがベースとなったテキストで、単語やリーディングスキル、コミュニケーション能力を、ゲームを通じて培っていきます。

対象年齢:小学校1年生
レ ベ ル :4
Aya
Aya

写真のように前置詞の使い分けが出てくる場面もあります。

リープスタートゴーに入っているもの

サンプルの本
ペン本体
データを取り込むためのコード
取扱説明書
スタートガイド
広告

「リープスタート」の遊び方

ゲーム系の本の中には、写真の様なアイコンがあります。

このアイコンがページ内にあるので、ペンでタッチすることで遊ぶことが出来ます。

緑色の★   :比較的簡単な問題

黄色の★★:レベルアップした問題

水色の電球
:ヒント

赤色の手   
:停止
くー
くー

同じ緑色のボタンでも、押すたびに違う問題が出てきて面白いよ!

Aya
Aya

繰り返し似たような質問をされることで、聞き取る能力を鍛えることができます。

リープスタートゴーを使ってみた感想

ネイティブ圏の子供の教材だけあって質問内容が本格的

ページ数は多くないものの、1ページ内に質問がたくさん収録されている

● アメリカンクセントの英語で、話すスピードはナチュラルな速め

アルファベットや数字などの初歩的な学習でも、英語で質問されるので英語耳を鍛えることができる

惑星や臓器の名前を覚えたり、わり算的要素があり高度なことも学べるので小学生にも良さそう

私はおうち英語2年目にリープフロッグの製品を使い始めましたが、ネイティブ圏の子供の教材だからレベル1でも使いこなせるかのかな…と不安になりながらのスタートでした。

でも、実際に使ってみるとレベルや内容に関係なく、とっても子どもたちは音が出るので楽しんでいて、英語が分からないことをそこまで心配しなくても良かった、と感じました。

Aya
Aya

英語を話すスピードが日本の幼児用の英語おもちゃと比べると早くて本格的です。

耳の良い子供のうちから、英語耳を鍛えることができるので満足しています。

リープフロッグのメリット・デメリット

メリット

●ネイティブスピーカーの話すスピードになじめる

●年齢に関係なく、気に入った本で興味を伸ばしてあげらえる

●ディズニーなど、人気キャラクターの本もあり楽しい

●ゲームでは質問されることが多いので、疑問文が得意になる

●本がしっかりしていて壊れにくい
日本では、小学生で学ぶ惑星の名前ですが、インターナショナルスクールの幼稚園では年長さんで惑星の名前を覚えます。
 
海外と日本の教育の違いを感じますし、先取り学習にもなるのも良いですね。
 

デメリット

●アメリカからの輸入品なのでコストが高め

●本屋さんで売っていない

●使う前にパソコンからデータをペン本体にダウンロードする必要がある
少し手間がかかる点が、デメリットと言えます。
 
 
Aya
Aya

1万円くらい~購入することができます。
クリスマスやお誕生日プレゼントに購入する方が多いようです。

内容的に小学生低学年くらいまでなら学習に活用できると思います。

その他の人気のあるリープフロッグのおもちゃ&DVD

フォニックスバス

アルファベットのマグネットを、バスにはめ込むことで学習ができます。

・アルファベットを学べる
・フォニックスが学べる
・アルファベットを使った例文が聞ける
・ABCの歌など、歌を聞くことができる

Aya
Aya

アルファベットを使って簡単な単語を作ったり、幼児期の手指の訓練にもぴったりです。

ラーニングフレンズ 100 ワーズブック

初めに学びたい、100個の単語を学ぶことができる絵本型おもちゃです。

音のなる英語絵本なので、音を鳴らしながら自然と英語を耳に入れることができます。

英語で遊べる絵本型おもちゃ【1歳~】ラーニングフレンズ 100 Words Book アメリカ発リープフロッグの知育玩具

リープフロッグのDVDセット

おうち英語をしている人に人気のリープフロッグのDVD 10枚パック。

フォニックス学習に強いDVDが含まれているのが特徴です。

リープフロッグ「フォニックスがわかるDVD」はコレ!7歳の娘が勝手に英語を読み始めたDVD 【徹底解説】

まとめ:ネイティブの英語が身につくおもちゃリープフロッグ

リープフロッグの魅力は何と言っても、ネイティブ圏の自然な英語を学ぶことが出来るところです。

リープスタートゴーは、たくさんの質問を投げかけてくれるだけでなく、絵本をペンでタッチすることでインタラクティブに学習することができます。

初めは適当に答えて間違う状態でも、だんだん質問の内容がわかってきて正解を見つけるコツが掴めていきます。

耳の良い子供の内から、ネイティブ圏のおもちゃを使って、英語耳を鍛えてあげられるといいですね。

この記事が参考となれば幸いです!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました