帰国子女の英語保持におすすめ!【幼児・小学校低学年向け】オンライン英会話 ハッチリンクジュニア

帰国子女

こんにちは。
セブ島へ3年間、教育移住していたAyaです。

海外から帰国して日本語環境に囲まれることになるので、帰国子女の英語保持をどうしたらいいのかは悩む方が多いですね。

特に、幼児さんや小学校低学年は英語をすぐに忘れると言われています。

一説では脳の構造上10歳未満で帰国すると英語を忘れやすいようです。

私たちは息子が現地のインターナショナルスクールを卒園してから本帰国しました。

Aya
Aya

10歳で帰国した娘は文法力もあり長文読解も得意ですが、6歳で帰国した息子は、半年もたたないうちに流暢だった英語が、ゆるやかに衰えていきました。

くー
くー

ぼくの親友も5歳の時にデンマークに帰国して、1年後に会った時には英語が話せなくなっていたよ。

今回は、帰国子女の子供の英語保持のために取り組んでいる、オンライン英会話ハッチリンクジュニアについてレポートします!

帰国子女の英語保持のためにハッチリンクジュニアを選んだ理由

ハッチリンクジュニアは3歳~18歳向けの子供用オンライン英会話です。

帰国子女なんだから、子供用のオンライン英会話じゃなくてもよくない?

と、思われるかもしれません。

数ある子供用オンライン英会話の中で、ハッチリンクジュニアだったのかには理由があります。

ハッチリンクジュニアを選んだ理由

・帰国子女に対応した子供用教材がある

・英検教材がある(筆記&面接)

・レッスン回数を家族で分け合える

帰国子女用の英語教材がある

ハッチリンクジュニアには、2つのタイプの帰国子女用の教材があります。

①ハッチリンクジュニアのオリジナル教材

ハッチリンクジュニアのオリジナル教材は、Pre-intermidiateや、Intermidiateと英語中級者以上の子供向けの教材がそろっています。

写真↑の教材は、小学校低学年レベルにあうリーディング教材です。

帰国して予想以上に驚いたのが、日本には帰国子女に適した英語教材がほとんどないということでした。

Aya
Aya

子供向け英語教材だと幼すぎるし、高度なことをしようとすると高校生教材になるので、小学校低学年にぴったりな教材は海外のものを使うしかないと感じています。

ハッチリンクジュニアの教材には、海外の教材のように子供向けだけどしっかりと文章を読ませる教材など、英語は話せるけど、リーディング力や文法力に不安がある子供にも対応できます。

公式ホームページでも、帰国子女に対応していると明記されています。

②アメリカの小学生用教材

アメリカのテキスト What your grader needs to know では、算数や理科などを含む教科学習が可能です。

アメリカのテキスト
What your grader needs to know

小学校1年生~6年生の教材がそろっているので、現地のインターナショナルスクールの学習を日本でも継続することができます。

また、話せるからと言って文法がわかっているかどうかの怪しい幼児さんや小学校低学年にぴったりの、文法テキストもあります。

6歳-15歳まで対応の文法テキスト
Up & Away 

Aya
Aya

テキストは先生がSkypeを通じて画面共有してくれるので、購入しなくてもOKです!

購入したい場合は、Amazonなどで購入が可能です。

Amazon | Up and Away in English: Student Book, Level 1 | Crowther, Terence G. | Words & Language
Amazon配送商品ならUp and Away in English: Student Book, Level 1が通常配送無料。更にAmazonならポイント還元本が多数。Crowther, Terence G.作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。

英検対策が可能

中学受験や高校受験などでも入試で加点される学校が増えている英検ですが、幼児さんからも注目を集めています。

日本国内にいながら英語の学習に赤ちゃんの頃から取り組んでいる子供は、幼児で英検4級・5級、小学校低学年でも英検2級程度を合格している子供がいるほどです。

Aya
Aya

英検はリスニング問題が易しめなのに、点数配分が大きいので帰国子女には有利ですよ。

ハッチリンクジュニアは、筆記試験&面接対策どちらも対応し、英検5級〜準1級に対応しています。

ハッチリンクジュニアのレッスンは家族で分け合える

ハッチリンクジュニアは、1つのアカウントを登録すれば、あとはそのアカウントに家族を無料で登録することができます。

つまり、受講したいそれぞれの子供にアカウントを作る必要がありません。

ハッチリンクジュニアは、アカウント共有のできる、数少ないオンライン英会話サービス
兄弟で受講している場合は、いちいちホームページからログアウトして、もう1人の子供のアカウントに切り替えて予約などの手続きが必要ですが、アカウント共有するとその手間を省くことができます。
 
Aya
Aya

子供専門のオンライン英会話ですが、大人もテキスト学習やフリートークもできるので親もレッスン受講ができます。

今月のレッスン回数を消化できない!という場合でも、家族みんなで協力して受講すれば、レッスン回数も無駄にならず、英語力も維持向上できます。

おまけに、月に受講できるレッスン回数の多いプランになるほど、1回に対するレッスンのコストが安くなるので兄弟受講におすすめです。

幼児・小学生の帰国子女にハッチリンクジュニアがおすすめなポイント

幼児さんや小学校低学年に特におすすめな理由は、レッスンの進行です。

英会話を中心とした遊びのレッスン
(挨拶・ゲームなど)
   +
教材を使った学習

だいたいこの構成で、25分が進みます。

つまり、学習時間がレッスン時間の半分程度。

私たちは親子で10社程度オンライン英会話を受講してきましたが、ハッチリンクジュニアは教材学習に入るまでの遊びの時間がかなり長いのが特徴です。

ここが、楽しく英語保持をしておきたい幼児さんや小学校低学年には特におすすめなポイントです。

Aya
Aya

息子はゲームで盛り上がりがちなので、5分しか教材ができなかった日もあります。

小学校1年生にもなると、親としてはもう少し勉強してほしい!と思うことも正直あります。

でも、ゲームして興奮してるときってよく英語をしゃべるんですよね。

オンライン英会話でありがちな先生の問いに答える1問1答式の会話ではなく、先生と盛り上がって会話のキャッチボールのある感じが良いな、と思っています。

話す&聞く英語スキルを保持することは、先生と楽しく話せることにつながっているように感じています。

くー
くー

先生はぼくの好きな車の写真をいっぱいチャットボックスに送ってくれて車の話題で盛り上がることもあるし、オンラインのUNOで白熱することもあるよ!

<ハッチリンクジュニアに合うタイプの帰国子女>

・まだ文法学習をするのが早いけれど、現地式にフォニックスなどを取り入れたり幼児さん

・遊びを通じて楽しく学習することで英語保持をしたい小学校低学年

逆に、遊び要素を少なくして文法やリーディングもしっかり学習したい場合は、ハッチリンクジュニアは合わない可能性があります。

幼児さんからしっかり英語学習のできるおすすめのオンライン英会話もあります。

▼帰国子女専門コースのあるスマートキッズイングリッシュ

▼語学学校品質のしっかり英語を教えてくれるQQ English

なるべく遊び要素多めで、最後に少しお勉強をさせてくれたらOKというタイプの子供に、ハッチリンクジュニアは特に合います。

また、先生も子供とのフリートークを楽しもうとしてくれるので、おしゃべり好きな帰国子女の子供にもぴったりです。

ハッチリンクジュニア
公式サイト
 

帰国子女にとってのハッチリンクジュニアのデメリット

・初回体験レッスンのレベル判定がズレていた

・先生の当たりはずれがある

・ネイティブ講師がいない

帰国子女や日本国内のインターナショナル幼稚園卒業の場合は、初回の体験レッスンでも判定がズレると思っておいた方が良いかもしれません。

フリートーク

先生がレベルに検討をつけて教材を選ぶ

教材レッスン

子供なので初めて会った先生に本調子が出ないこともあるでしょう。

我が家の小学校1年生&4年生の帰国子女は、どちらもかなり低いレベルの教材が指定されてしまったので、私からカスタマーサポートに連絡しました。

英検○級程度の英語力があること、リーディングや文法をきたえたいなどを伝えると、複数の教材を提示してもらえ、次回から満足のいくレッスンになりました。

カスタマーサポートに連絡して、子供にあった教材に変更する手間がある
 
次に、予約が取りにくい問題ですが、ハッチリンクジュニアの場合は先手必勝で回避していきます。

ハッチリンクジュニアは1ヶ月先まで予約をとることができるので、他の受講生も良い先生がいたら、かなり先の予約でも取る傾向があります。
入会したらできる限り先まで予約しておく

レッスンの予約を受付開始するタイミングは先生によってそれぞれなので、時々良い先生の先のレッスン予約が始まっていないか確認するのも大切です。

Aya
Aya

レッスンのキャンセルは2時間前まで可能です。受講者変更だけならレッスン開始直前もできますよ。

ハッチリンクジュニア
公式サイト
 

ハッチリンクジュニアがおすすめな帰国子女のタイプ

・幼児~小学校低学年の年齢

・楽しみながら英語保持をしたい幼児さん

・話すだけでなく英検や、リーディングスキルなども身に着けたい小学校低学年の子供
私はハッチリンクジュニアは小学校低学年までくらいがちょうど合うのかなと感じています。

なーたん
なーたん

この前、先生に♪If You’re Happy And You Know It(幸せなら手をたたこう)を歌われちゃって、反応に困っちゃった…

小学校4年生の娘には、ハッチリンクジュニアは幼い印象がするようです。

確かに、娘が指摘するように先生の話し方は、小さな子供に向けたような話し方の講師が多い印象です。

最後に

今回は、幼児さんや小学校低学年の帰国子女の英語保持にぴったりなハッチリンクを取り上げました。

ハッチリンクジュニアは幼児さん~小学校低学年のバイリンガルで、幼稚園や学校の先生みたいに子供用の語りかけの方が適している子供に向いています。

・レッスン前半に遊び要素がある

・帰国子女に対応したテキストで英語保持が可能

・先生が幼児の対応になれている
まずはオンライン英会話の一歩を楽しく踏み出せる会社ではないかな、と思います。
 

今回のブログ記事が、英語保持のためにオンライ英会話を探している帰国子女のお子さんをお持ちの方の参考になればうれしいです!

ハッチリンクジュニア
公式サイト

 

 

タイトルとURLをコピーしました