海外移住の失敗!?日本語のできない帰国子女にならない方法※実例あり

帰国子女

こんにちは。
フィリピン セブ島へ3年間、幼稚園年少と小学校1年生の子供を連れて教育移住していたAyaです。

英語を話す環境を整えることで、2人の子供をバイリンガルにすることができました。

その反面、日本語力の衰えは月日が経つにつれて顕著になっていきました。

海外移住は急に生活環境で使う言語が変わってしまうため、日本語力がまだ十分に育っていない幼児期・小学校の子供は日本語の学習に失敗しやすいそうです。

私たちを含め、海外移住をされている方のお子さんを見て、本当にこれでバイリンガルと言えるのかな?という状況も目の当たりにしてきました。

バイリンガルとは
2つの言語を使うことができること、使える人。
日本人の考えるバイリンガルは、日本語+1ヶ国語が自由に扱えるレベル。

でお、子供の得意な言語は、どちらかに偏ってしまいがちなのが海外移住の現実です。

日本語が英語の語順が英語に引っ張られる息子

漢字を覚えられない娘をみて、日本人だからと言って英語環境にいても日本語力は衰えないと言うのは幻想だったことに気付かされました。

そこで今回は、私が目の当たりにした3つの失敗と、日本語対策についてまとめていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語ができない帰国子女のパターン

帰国子女のよくあるパターン
学校では英語で学ぶ
 ↓
日本語の読み書きの時間が極端に減る
 ↓
日本語は話せるけど、読み書きが苦手

日本語には、漢字、音読み&訓読み、送り仮名、ひらがな、カタカナと複雑な仕組みでできており、難しい言語の1つと言われています。

海外在住をしている家庭では日本語を話す約束をしていることも多いと思いますが、次第に家族にまで英語で話しかける状態になることも珍しくありません。

本帰国して感じますが、日本の小学校では国語と算数の時間が必ず毎日あります

そして、漢字の書き取りと、教科書の音読の宿題は毎日、宿題に出ます

日本の小学校にいる生徒でさえ、日本語の読み書きにはかなりの時間を割いています

まだ、日本語環境の整っている国内のインターナショナル幼稚園を卒業した子供は一般的な幼稚園を卒園した子供よりも日本語が幼いと言われています。

海外移住中の場合はさらに日本語との接点が減った状態ですから、小学生になると読み書きでつまづき始める子供が増えていきます

私が見聞きした話では、低学年の日本語学習でつまづいてしまったら、年々、学年に応じた学習が難しくなっていく状態に陥るそうです。

ただ、しっかりした日本語の習得のカリキュラムが受けられなくても、家庭内で学習することで補完に成功しているケースも多くあります。
確かに海外移住は日本語ができなくなる可能性もありますが、その反面、日本ではできない体験がで大きなチャンスです。
では、どのような場合に日本語の取得に失敗してしまうのでしょうか。

逆に、どのように日本語教育に取り組めば失敗しないのでしょうか。

実例を挙げて海外移住を経て帰国子女となった子供や、教育移住中の子供の実例を見ていきます。

海外移住4年の帰国子女
日本語がおかしくなる状態

年中さんの学年からお父さんの海外転勤が始まり、4年目の小学校2年生の子供の実例です。

英語がかなり強くなり日本語の語順が英語に引っ張られて、まるで英語を直訳したような日本語を話すようになったそうです。

I’ve been playing tennis since I was six years old.
ぼく習ってるよ、テニス、6歳の時からね。

例えば↑の文のように、主語 動詞 の順番で始まる日本語を話します。

私もこれには同感で、年少で教育移住した息子も3年目で、まるで英語を直訳したような、変な日本語を話すようになりました。

例えば、「おじいちゃんは持ってる、白い車ね」のように、英語を直訳したような日本語を話すようになりました。

ここで、ポイントになってくるのは年少・年中さんという年齢だと思います。

まだ日本語を話す能力が発達途中に英語メインの生活になりました。

そうなると、日本語が中途半端なままに英語が入ってきて、いつしか英語の方が話しやすい言語となります。

日本語と英語が混ざるということはありませんが、英語の癖が日本語に出てしまう状態になります。

幼児期に気を付けていたこと

・子供が英語で話そうとすることが出てきても、家の中では日本語を話すルールを貫く

・英語的な感覚には無い、数の数え方については日常会話の中で意識的に教え続ける

 例:車は1台 紙は1枚 人参は1本…etc

・就学準備としてひらがなを書く練習をする

息子は小学校1年生の時に本帰国し日本語環境になりました。

一見、日本に在住していた日本人の子どものように話すことはできます。
 
ですが語彙は少なく、思ったことの全てを自由に日本語で話せているようには見えませんでした。
 
「日本語で伝えるのがしんどかったら、英語で話してもいいよ。」

と声をかけましたが、日本語環境の中で英語を使うことに違和感を感じていたようでがんばって日本語で話していました。

最終的に、帰国から3ケ月後くらいには、英語と同じレベルの日本語で、またうるさいくらい一杯おしゃべりしてくれるようになりました。

本帰国した頃は、連絡帳を書くのが遅いなどの問題もありました。

でも、先生がフォローしてくれていたので、息子もあまり不安は感じていなかった様子でした。

次第に学校生活を通じて語彙もどんどん増えていき、テストで100点を取れるようになりました。

帰国半年の現在、日本の小学生と変わらない日本語力を持っています。

幼い子どもの場合は、英語が強くなってしまっても言語の習得に柔軟な小学校低学年で帰国すれば、容易に日本語力を取り戻すことが可能
ちなみに、小学校1年生から海外に住み始めた娘の日本語は、英語の語順に引っ張られることはありませんでした。

このことからも、幼児期に海外在住となった場合は日本語がおかしくはなるものの、低学年で帰国できればスムーズに日本の生活に戻る子供が多いのではないかと思います。

スポンサーリンク

教育移住2年目に気づいた失敗
日本語の読解力がない帰国子女

これは小学校1年生で移住した娘の事例です。

セブ島の学校の夏休みを利用して、日本の小学校に毎年1ヵ月ほど通っていました。

セブ島では日本の教科書の内容に沿った国語と算数のドリルを週末に取り組んでいたのと、学習内容もそこまで難しくないので大丈夫だろう、私はそう予想していました。

が、これが甘かった…。

小学校3年生の時に、オープンスクール(授業参観)で発覚した娘の日本語読解力、それは算数の文章題が読めないレベルでした。

似たような英語の文章題は解けていたのに、日本語の文章になったとたんに内容が理解できない状態でした。

他のクラスメイトは問題が解き終わってノートから顔をあげているのに、娘だけはずっとうつむいたまま…

出題されている問題の内容が分からず、式さえかけていないのは明らかでした。

まだ教育移住して2年しかたっていないのに、周囲の子どもたちと比較すると、日本語力に雲泥の差が出てしまったことに、私は焦りを感じずにはいられませんでした。

海外移住に失敗しないために
日本語のできる帰国子女を目指そう!

海外移住2年で娘の日本語の読解力が低迷していることに気づいた私は、日本語学習に学習にあてることの出来る限られた時間を、ピンポイントで読解力と漢字に定めました

まず、読解力を高めるために娘が取り組みやすいレベルの文章題のドリルを購入しました。

実際に取り組んでいたドリルはこちらです。

参考:小学校2年生 文章題 学研より

難しい問題は本人に負担がかかるので、短時間で文章を読める簡単なレベルのものを、出来る限り毎日取り組みました。

文章読解問題は、量重視で慣れることを念頭に置いて取り組ませました。

 

なぜなら、日本の学校では漢字やひらがなの書き順や止め、はねを徹底的に教えているからです。

タブレット学習の解説を聞きながら学べば、小学校と同じ内容を親が教えることなく学習することが可能です。

参考:チャレンジタッチ 小学5年生より

違いは、目の前に先生がいるのか、タブレットの解説を聞きながらするのか、という違いです。

タブレット学習の日本語の書き取りは、ドリル学習では再現することができないので、かなりおすすめです。

ひらがなはもちろん漢字も書き順や、バランスよく書くことが求められます

書いた順はタブレットに記憶されるので、間違った書き方をすると、正しい書き方だけでなく、自分がどう書いていたかも比較の上、訂正されます

また、文字も書く欄から飛び出すと、枠内に書くように指導されるので、丁寧に文字を書く習慣がつきます。

タブレット学習は5教科対応型なので、漢字以外にも全教科学習することができます。

海外移住中のタブレット学習選びのポイント
・海外電源での充電に対応しているか
・紙教材や付録が無いか(または海外発送対応か)
・学年を先取り学習&振り返り学習ができるか

主要なタブレット学習会社3社を比較します。

 【進研ゼミ小学講座】 スマイルゼミ すらら
専用端末の
海外電源
×
変圧器が必要

※1
紙教材の有無あり
受講費用に2000円以上の割増あり
なし
国内と同じ料金で受講可能
なし
国内と同じ料金で受講可能
学習スタイル教科書に沿って学年に応じた学習教科書に沿って学年に応じた学習無学年式で振り返り学習も先取り学習も可能
先取り学習
国語・算数のみ
無学年式で先取り可能

国語・算数のみ
無学年式で先取り可能

全教科可能
振り返り学習
※1 ※専用端末がなく、自宅のパソコンやタブレットを利用して学習。

チャレンジタッチ

知名度で言えばチャレンジタッチが有名ですね。

教科書の内容に沿って学習できるので、学年に合った学習することができます。

人気のアニメとコラボしたり、夏休み時期には自由研究に使えそうな顕微鏡など、学年に合わせて特別な教材を送付していくれたり、タブレット学習だけでないのが魅力です。

毎月、赤ペン先生に国語と算数の採点をしてもらうことができます。

学習の他にも、日本語の電子書籍を端末上で借りることができる点も、日本語の少ない海外在住時にはうれしいですね。

【進研ゼミ小学講座】
公式ホームページ

スマイルゼミ

書くことにこだわって作られたスマイルゼミは、漢字検定受験料も無料で受験できるくらいに漢字の学習に力を入れています。

タブレット内にも、漢字の練習・漢字コレクション・漢検ドリルの3つのコンテンツが用意されているので、しっかり漢字に取り組みたい海外移住組には心強いサービスです。

また、チャレンジタッチと比べると、タブレット学習のみなので付属教材を送付してもらうためのコスト高を回避することもできます。

海外でも変圧器を使用せずに充電できる点も、地味ながらありがたいと評判です。

私も、実際にセブ島在住時に取り組んでいる子供が多かったのはスマイルゼミでした。

無学年式方式 すらら

チャレンジタッチとスマイルゼミが専用の端末を使用するのに対して、無学年方式すららは自宅にあるパソコンやタブレットから学習することが可能です。

海外に住んでいてもすぐに始められるところが魅力です。

また、すでに日本語が苦手になってきている子供に使いやすい無学年式です。

チャレンジタッチやスマイルゼミは国語と算数が全学年の先取り&振り返り学習に対応する付属教材を2022年4月よりリリースしますが、基本の学習は学年に沿った教科書学習。

無学年方式のすららであれば、子供が自信を持って取り組めるところからステップアップすることができます。

無学年方式すらら
公式ホームページ

▼ 日本語学習の学年によるポイントやおすすめのタブレット学習の詳しくは下記のブログ記事にて書いています。

海外移住3年後に日本の公立小学校へ行って感じたこと

教育移住2年で、算数の問題を解くことができないほどに日本語の読解力が落ちてしまった娘の話に戻ります。

正直、海外移住1年目は英語に慣れることが精一杯で日本語に手は回ってしませんでした。

2年目も在籍しているインターでの成績がよかったので日本語の学習はしていたものの、そこまで心配していませんでした。

その結果が、日本の授業についていけない結果を産んだのだと思います。

教育移住最後の年と決めていた、3年目は本帰国に向けて、日本語の学習方法を大きく変えました。

理科や社会は捨て、日本語の読解、漢字、算数の文章題の3つに焦点を当てて学習をしました。

結果的に、娘は小学校4年生の時に本帰国しましたが、授業に遅れることもなく、クラスメイトとの会話に不自由することもありませんでした。

学期途中での編入になったので、帰国後いきなり課された漢字テストは50点と惨敗でした。

でも、日本語の基礎能力は培っていたので、授業を受けてからのテストは普通の日本人並みにとることができました。

市内の公立小学校で毎年一回ある、学力テストでも国語も算数も平均以上の得点を取ることができていました。

最後に

今回は、海外に教育移住した子供に気をつけてあげたい、日本語力について経験をまとめました。

子どもの得意な言語は、学校で使っている言語にとにかく引っ張られます。

・学校では英語で学習
・友達との会話が英語
・家の中だけ日本語

というケースは、海外転勤や教育移住されている方の場合は普通に起こる環境だと思います。

英語も日本語も自由に操ることのできる子どもになる為には、日本語の話す・聞く・書く・読む、この4つの技術をバランスよく学ぶことが大切です。

そして難解な言語である日本語は、書く&読む能力はかなり習得に時間がかかってしまいます。

海外にいると、ついつい後回しになってしまう日本語ですが、日本人だからと言って日本語がうまく話せるようになるわけではないので、意識的に学習する癖をつけておきたいですね。

このブログ記事が、英語環境にいるお子さんの日本語学習の大切さを知るきっかけになればうれしいです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました