子どもが英語ペラペラになるまでの記録⑩:移住2年後の【英語力VS日本語力】どっちが強い!?

バイリンガルの記録

この「子どもが英語ペラペラになるまでの記録」は2人の子どもがバイリンガルになるまでの様子を記録したもので今後、英語育児をされる方の参考にしていただけたらと思って書いたものです。

詳しくは、シリーズの1回目にて、私たちのことや、この記事を読んでわかることをお伝えしていますので、詳しくお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

今回は、具体的にどのレベルまで子どもたちが英語力を身に着けたのか、そして日本語の力が伸びたのか、それとも衰えたのかについてお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

子どもたちの英語力

セブ島に移教育住して2回目のスクールイヤーを終える頃の子どもたちの英語力は、安定した会話力が付いていました。

語彙は増えて文法の間違いが減り、完全に私の英語力を抜いていました。また、私の発音の間違いを2人して気づき教えてくれるまでになっていました。

また、娘のなーたんに至っては私の会話の文法的間違いを指摘するまでになっていました。この単語のスペル教えて?なんて質問を私はよくするようになり、まさに歩く英語の辞書状態。

Aya
Aya

なーたんは娘ですが、私の英語の先生でもあります。

1年前は子どもたちの友達の方が英語力がまだ上だなという感じがありましたが、移住2年目では友達とも対等の状態

英語力に比例して、クラスの中でもしっかり発言し自信をもって参加できるようになった子どもの姿を見て、英語教育のための教育移住は成功したといっても良いのではないかと感じました。

セブ島の学校関係者から聞いた、教育移住何年目でバイリンガルになれるかのお話の記事は下記にまとめています。

なーたんの英語力

インターナショナル幼稚園の年長と付属校の小学校1年生を修了したなーたん。

日本の小学1年生がペラペラと日本語を話すように、ペラペラと英語を話せるようになりました。

日本であれば平仮名、カタカナ、簡単な漢字を学習し、音読もできるようになりますが、英語にはアルファベットしかなく日本語と比べて習得しやすいこともあり、どんどんと英文の読解力をつけていきました。

Aya
Aya

英語って誰でも簡単に理解できるように、うまくできているなと、日本語と英語の両方を習得していく子どもたちを見て感じました。

Kumon(公文)のReadingクラスを習って1年が経ったこともあり、知らない単語があっても文章を読み進み、前後の文脈から意味を推測して読む力がつきました。

クラスの中でもreadingは得意な様子で、毎学期、成績優秀の表彰を持って帰ってきていました。

なーたん
なーたん

英語は話せるけど、ビジネス英語とか難しいのは読めないよ。だって1年生だもん。

くーの英語力

くーは本来の学年である年中さんに2年目から入ることができ、幼稚園が楽しくてたまらない毎日にでした。

英語が話せるようになった + 同い年の友達のいる環境 これが上手く組み合わさって、本人の特性がクラスの中で出せるようになりました。

また、担任の先生が変わりクラスの雰囲気が変わったのも、好材料でした。

くー
くー

もうボクは英語が話せるし、入園した時みたいにママとバイバイできなくて、朝泣いたりしないよ。

1歳半から日本の保育園に通っていたくーは、先生からは自立していると評価されるようになりました。1年目とは明らかな違いです。

Aya
Aya

自信をもってクラスの活動に参加しているくーに、頼もしささえ感じ始めました。

くーは、算数が得意でしたが、英語を読むのはまだまだ苦手。

年中さんなので、そこまで焦ることも無いのかと思い、私は特別にくーに勉強をするようには促しませんでした。

むしろ、出来る限り楽しく遊んで欲しいと思い、放課後も友達と学内で遊ばせるようにしていました。

2度目の一時帰国

この年はは初日からセブ島にいたので出席率が足りており、サマークラスで出席や英語力を補う必要はありませんでした。

夏休みは2ヶ月半ほどあったので私は仕事を在宅勤務に変更し、2ヶ月程を日本で過ごすことにしました。

また、セブ島へ戻る時にはフィリピンの首都 マニラへ家族旅行へ、旦那さんも一緒に楽しんでから、セブ島へ帰りました。

帰国中のセブ島のコンドミニアムについて
帰国時に元いた家に戻りたかったので2か月分の家賃(約13万円)を支払って帰国しました。
もし、家賃のコストをおさえたい場合は、この時にいったん家を引き払うのも1つだと思います。帰国前に新しい家の見学と契約をしておけば、セブに戻ってきた時の家探しにも困りませんから効率的です。
ただ、荷物をどうするかと言う問題が出て来ますが…。

●帰国中の学校

くー
くー

ぼくは、昔通っていた保育園に一時保育として通園したよ。

なーたん
なーたん

1年生の時に通っていた公立小学校へ戻ったよ。お友達と会えてとってもHappyだったよ。

1年目の帰国と大きく異なる点は、1年目は日本に帰国したら2人の会話は日本語に戻りましたが、2年目は2人の会話はセブにいる時と変わらず英語のままだったことです。

私や旦那さんが入る時、祖父母や友達がいる時は日本語での会話に自然と切り替えていました。

くーの日本語力

セブ生活も丸2年を立とうとしていたので、くーの日本語力は完全に英語に抜かれていました。

3歳10か月までの完全日本語環境から一転、セブ島に移住してからは家庭内でのみの日本語を話す生活でしたから、それも仕方がありません。

I have only one paper.
紙が1枚しかあるよ。

英語をそのまま直訳した日本語を話すことが珍しくなくなりました。

「知ってる?」と一言置いてから日本語で話しかけてくるのは、おそらく英語の”You know?”を、彼なりに日本語化した結果なのだろうと思います。

海外生活が4年目の先輩ママに聞くと、この症状はもっと進むと聞いたので、一時帰国の際は英語はなーたんと話すのみにして、なるべく日本語に触れられるようにしました。

また、英語には無い表現なので、変な違和感は感じてほしくないという思いから家で車は1台2台、鳥は1羽2羽、人参はは1本2本などを日常会話の中で繰り返し教え続けました。

●保育園での様子

見知った友達との再会をとても喜び、クラスに溶け込んで楽しんで通っていました。

セブの幼稚園の夏休みだったこともあり、くーにも夏休みを体験させてあげるべく週に3日ほどの通園でしたが、お迎えに行くと園庭で友達と野球ごっこをしたりして、男子たちと仲を深めていました。

年少さんから同じ先生が持ち上がっていましたが、先生はくーの日本語力が英語力に抜かれているとは感じないほど、コミュニケーションに問題ないと感じていたのだそう。

くー
くー

ぼく、お友達と楽しく遊べるくらいには日本語上手だよ!

日本語の聞き取りや会話力の発展はゆっくりなものの、衰えてはいないことがわかり、ほっとしました。

年中さんの2ヶ月、同い年の男の子たちから日本語の会話を吸収できたことは、かなり有意義だったと思います。「やめろよ」みたいな、ちょっと男らしい乱暴な言葉を吸収して、家で使うようになりました。

●スイミングスクール

週に2回スイミングスクールに通いました。

セブにいたらビーチやプールにいくことが多いのに、くーはいつも水辺で水鉄砲や石投げ専門。5歳になったこともあり、週2回通わせることにしました。

これが思った以上にうまくいき、私と一緒だと嫌がることでも、スイミングスクールではコーチと一緒に頑張り、泳ぎを始める基礎を積極的に吸収することができました。

たった2ヶ月しか通えませんでしたが、セブに帰ってからもコンドミニアムのプールで泳ぐ練習をしたがったりしていたので、良い経験になりました。

なーたんの日本語力

くーとは逆に、なーたんの日本語でのコミュニケーション力には不安はありませんでした。

なぜなら、なーたんは小学校1年生の夏休みに入るまで日本におり、日本語での会話のベースが出来てからのセブ島への渡航だったからです。

問題があるとすれば漢字と読解でした。セブ島でも継続的に漢字には取り組みましたし、2年生の算数の教科書は全て終えてからの一時帰国でした。

しかし、小学校3年生の授業内容はその程度の学習では追いつけるものではないことを、オープンスクールで私は目の当たりにすることとなります。

●オープンスクールで気付いた読解力の欠如

Photo by Ryoma Onita on Unsplash


セブ島では1学年下の学年に入っていたなーたんでしたが、算数の内容は日本の小学校3年生でも習う内容をすることもありました。

また、なーたんはセブ島でKumon(公文)で算数のDレベルまでは修了していましたし、算数は好きな科目でしたから少なくとも算数では問題がないと私は予想していました。

<オープンスクールでの光景>
子どもたちは算数の文章題を声に出してみんなで読み、その後すぐに、ノートに式を書いていきます。

みんなが式を作っているとき、なーたんは、問題の意味を理解しようと一生懸命で、式を書くことができていなかったのです。

Aya
Aya

セブの学校で同じような文章題をした時は出来てたのに、どうしたんだろう…

なーたなんは、英語の文章題なら理解できても、日本語の文章題は慣れておらず問題の理解をすることができなくなっていたのです。

日本語の読解力は算数にまで影響する。

私は読解力が全ての科目に影響することを、この時痛感しました。

そこから、私は日本語の文章題のドリルを購入してセブでも学習を続けること、また短時間でできる国語の文章読解問題をすることに決めました。

その際に購入したドリルと、効果的な使い方については下記の記事にまとめています。

スポンサーリンク

年齢によって異なる日本語問題

なーたんと、くーの例を見ていただいてお分かりいただいたと思いますが、何歳で海外に移住するかによって、日本語力の注意点は変わります。

●幼稚園(年少)
日本語力がしっかりしないままの渡航になるので変な日本語を話しだすことがあります。ですが、小学校のように本格的な学習は始まらないので、家庭内でちょっとした平仮名やカタカナを教える程度の勉強ですみます。

●小学1年生
小学生になってからであれば、語彙も含めて日本語の会話のベースができているので日本語がおかしくなることはありません。ただ、学習内容が難しくなっていくので、教えたり、フォローしてあげることが大変です。

日本と同じ水準での学習を希望する場合は、学年が上がるごとにママも子どももかなり頑張らないといけない状況が発生します。

Aya
Aya

日本語と英語の2か国語を同じように習得することは本当に難しいです。

うまく一時帰国を利用しながら、子どももママも無理のない程度にバランスをとって学習を継続することが大切だと思います。

次は、移住3年目のお話に入ります。

【AERA English 特別号】英語に強くなる小学校選び 2020 (AERAムック)にて、見開き2ページの教育移住記事を書かせていただきました。
「1年で子どもが英語ペラペラに? セブ親子留学のススメ」
英語教育に興味のある方には必見の雑誌となっています!
【AERA English 特別号】英語に強くなる小学校選び 2020 (AERAムック) | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでの【AERA English 特別号】英語に強くなる小学校選び 2020 (AERAムック)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また【AERA English 特別号】英語に強くなる小学校選び 2020 (AERAムック)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました