バイリンガル体験談!海外移住したら何年で話せるようになる?セブ島インターの先生に質問してみた

海外移住

こんにちは。
英語習得のためにセブ島に教育移住したAyaです。

子ども2人を連れて移住して、もうすぐ3年がたとうとしています。

セブ島のインターの学費は安く、プール付きのコンドミニアムの家賃も安い。

おまけにお手伝いさんが月2万円以下で雇えるし、不便はあるけどおおむね満足な日々を過ごしています。

インターナショナル幼稚園に英語ゼロの状態から通い始めた息子も、すっかり子供らしい英語でペラペラと話すまでになりました。

今回は、英語習得のために教育移住を考えている方へ、バイリンガルになるにはどのくらいの期間が必要なのか?をテーマにブログ記事をまとめていきます。

海外からの子供をたくさん受け入れてきたインターの先生にお聞きした真の意味でバイリンガルになれる期間や、3歳で海外移住をした息子の体験談を交えてレポートしますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

何年でバイリンガルになれるの?

子どもの個人差があり、早い遅いはあるけれど…という前置きをしつつも、先生が教えてくださった目安は、下記の通りでした。

1年目
聞いていることがわかるし話始めるけれど、まだ文法が混乱している状態
2年目
文法が整ってきて英語が話せるようになる状態
3年目
自信をもって英語を話せるようになる状態

実際に息子の英語の成長も、↑のような感じで発達していきました。

●1年目
沈黙期が5ヶ月あり、その後英語を爆発的に話し始める。
でも、まだまだつたない。

●2年目
英語を話すことに慣れ、自信を持って話せるようになった。
寝言はもちろん英語。

●3年目
日本語を話すときも英語が混じるくらいに英語が優位になった。
英語をかなり早口で話すようになり、こちらが聞き取れないくらい。
年長さんになったので、学力も伸びてきた!

バイリンガルになるのに必要な年数とは?

Photo by La-Rel Easter on Unsplash

英語を使ってコミュニケーションを取ることができる状態をバイリンガルと言うのであれば、移住1年目でもバイリンガルになったと言えると思います。

息子は5ヶ月間、あまり英語を話しませんでしたが、その後どんどんスピーキング力が発達し、渡航1年を迎える前にアメリカ人の大人と雑談するまでに成長していました。

文法が整っていない英語でもコミュニケーションを取ることができるのは有名な話。

息子の英語は1年ではまだ文法的な部分はあやふやなところがありました。

なので、先生がバイリンガルになりたいなら2年は必要、と言っていた意味がよくわかります。

文法をある程度整えて話せるようになるには、海外移住2年は必要

次に息子が2年目にどのような英語を話していたのか、体験談を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

教育移住2年目のバイリンガル体験談

年少さんの時に教育移住した息子は、移住2年目は年中さんのクラスに入りました。

15名程度の子供に先生が1人ついてくれ、午前中はお勉強の時間もありました。

学習内容は算数や英語、その時のテーマに合わせて工作をしたり、職業や五感などを学んでいました。

この時、すでに英語は自信を持って話すようになっていました。

リスニング能力も高かったので、先生の指示に従ってクラス活動に積極的に参加できている状態です。

年中さんの途中から英語の読み書きに興味を持ち始め、最終的にフレーズを読んだりできるようになっていきました。

年中さんの1年はかなり学習面でも英語の面でも大きく成長したな、と感じました。

バイリンガルになるならどっち?
語学学校 VS インターナショナル幼稚園

子供の英語習得は大変早く、小さい子供であれば語学学校ではなく、現地のインターナショナル幼稚園に入れてしまった方が英語はぐんぐんのびる、と私は体験から感じています。

7歳の時に移住した娘は語学学校に3週間通ってからインターに入学しましたが、語学学校の時は全然話さなかったのに、子供同士のやり取りの中ではさっそく英語を話そうとしていました。

3歳の全く英語のわからない息子でさえ、遊びの中でおもちゃを取られそうになってIt’s mine!と主張する姿は、環境から英語を習得していくイマージョン教育そのものでした。

くー
くー

ぼくは英語ゼロでセブ島に移住したけど、It’s mine! や I don’t like it. は2ヶ月くらいで言えるようになったよ。

語学学校では単語や疑問文などを学ぶことはできますが、子ども同士だから発生する、生きた英語には触れにくいのかな、と感じています。

▼ 下記のブログ記事は、娘はが通っていた小学校(Sage)への短期入学する際の費用をまとめたものです。

Sage付属幼稚園(Cambridge)でも1ヶ月からの留学を受け入れているので、費用面の目安になると思います。

最後に

今回は、3歳で教育移住した息子がバイリンガルになっていく過程の体験談と、インターナショナルスクールの先生に教えていただいたバイリンガルになるまでの期間についてレポートしました。

バイリンガルになるためには、2年程度の移住が好ましい
私が、教育移住するときに、一体何年移住すればバイリンガルになれるの?と疑問に思って調べてもなかなか出てこなかったので、教育移住を検討されている方の参考になればと思い体験談を書いてみました。

こちらのブログ記事を参考にしていただけたらうれしいです!

▼ 子供たちが通っていたセブ島の幼稚園&小学校の紹介

インター情報
「インター情報」の記事一覧です。

▼ 教育移住に最適なセブ島のコンドミニアム情報

▼ セブ島のお手伝いさん事情

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました