フィリピンで気を付けたい虫3種と、虫刺され対策グッズまとめ【虫写真無し】

セブ島情報

こんにちは。
セブ島に英語習得のために移住して3年目のAyaです。

南国、フィリピンには様々な虫がおり、セブ島などへの旅行や留学中に気を付けておきたいものの1つです。

特に、気を付けたいのが蚊・コバエ・アリの3種類

Aya
Aya

この3種類はどこにでもいて、いらいらさせられることが多いです。

対策として、日本からグッズを持ってきておくことで、虫刺されなどの困った状況を回避することができます。

このブログでは、フィリピンに入国してから購入することのできるグッズもご紹介していきます。

Aya
Aya

虫が苦手な方でも読めるよう虫の写真は一切ありません。

実際にセブ生活の中で試して本当に効果のあったものをお伝えしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フィリピンで最も身近な虫刺され対策が必要な虫【蚊】

フィリピンで蚊に刺されるのに気を付けなければならない理由はジカ熱の感染の可能性があるからです。

ジカ熱発に感染しても比較的に症状は軽いものの、熱や発疹が起こることもあり、セブ島でも注意喚起のポスターを見かけることがあります。

ショッピングモールやコンドミニアムでもたまに見かけますが、最も見かけるのは木などがある自然の多い場所です。

Aya
Aya

おしゃれなカフェのテラス席で電話していたら、足をずいぶんとかまれてしまったことがありました。

まずは、蚊に刺されないために虫よけが1本あると便利です。

機内及び受託手荷物には、スプレー缶を入れることができません。

飛行機に乗る場合は、上記の写真のようなミストタイプのものを用意する必要があります。

また、実際に蚊にかまれてしまった時のために、使い慣れたぬり薬があると心強いです。

私は日本で蚊に刺されても30分程度でかゆみがおさまる体質ですが、フィリピンの蚊は日本と種類が違うのか、3日間はかゆい症状が続きます。

また、子ども用にあると便利だったのが虫よけパッチ

温暖で雑菌の多い環境だけにかきこわして、ばい菌が入ることがあるのでお子さんがいる場合にはあると安心です。

Aya
Aya

私の周囲にいる日本人やフィリピン人も傷口から雑菌が入り、強い痛みを伴うピグサに悩まされる人がいたので、かきこわしてしまった時は念のために消毒をしておくことをおすすめします。

消毒液はスーパーやドラッグストアなどで50ml程度の小さなサイズの物が20ペソ(約46円)~販売されています。

なーたん
なーたん

フィリピンではアルコール消毒は身近だよ。

学校に、自分専用のアルコール消毒液をもっていって、おやつやランチの前に、手を消毒する習慣があるよ。

フィリピン在住の日本人が良く使っている虫よけ対策

●虫よけブレスレット
日本人のお子さんはこちらのブレスレットタイプの虫よけをしているのをよく見かけました。

●虫よけシールタイプ


シールタイプの虫よけは子どもの服にペタッと貼るだけでよいので簡単です。

日本で買った方が安いですが、セブでも似た商品を購入することが可能です。

ただし、どこの薬局でも売っているようなメジャーなものではありません。

Aya
Aya

レモングラスの入ったものを食べると蚊が寄ってきにくくなります。

フィリピンにはフレッシュなレモングラスがよく売られているので、私は好きでよく作っていました。

害はないけれど、虫よけしておきたい代表格「ハエ」

高級リゾートホテルへの旅行であれば、遭遇回数はそこまで多くないコバエですが…

フィリピンで生活することを決めたら、残念ながらコバエのいる生活をある程度受け入れることとなります。

Aya
Aya

食事時になるとどこからともなくコバエがやってきます。

部屋の中にコバエが妙に増えてきたなと思ったら、発生源があります。

コンドミニアムの場合は、キッチンのシンク下にある、グリストラップを業者に洗ってもらうことで解決できます。

コンドミニアムのオフィスやメンテナンスに頼めば清掃してもらうことができます。

清掃時間も20分程度です。

清掃価格はコンドミニアムによって異なりますが、300-400ペソ(690-920円)程度が目安となります。

なーたん
なーたん

グリストラップを洗っているときの臭いはそうとう臭いよ。

コバエ退治ができる麺つゆトラップ

コバエトラップの作り方

① 捨てられる器に、液体洗剤(JOYなど)数滴、水、麺つゆを混ぜ合わせる

②よくコバエがでる場所に、トラップを設置する

※麺つゆはコバエをおびき出すための物なので、香りがする程度の分量をいれればOK

Aya
Aya

麺つゆの良い香りにつられてコバエがやってきたところを、液体洗剤がキャッチしてくれます。

ちなみに、私は効果があると聞いたいろいろなもので試しましたが、麺つゆが最強でした。

オレンジジュース 5匹
お酢 2匹
麺つゆ 圧倒的多数

スポンサーリンク

フィリピンの【あり】は神出鬼没

フィリピンの高級ホテルにはでませんが、田舎のホテルに滞在すると、だいたいどこのホテルでもアリに出会います。

Aya
Aya

コンドミニアムや語学学校の寮などに住んでいる場合は、アリ問題はよく聞きます。

アリのエサになりそうなお肉類や、お菓子などの食べかすや食べ残しを放置しないことなどが大切です。

また、まれにアリにかまれることがあります。

私はコンドミニアムの庭で体調2-3ミリのアリに足の指をかまれたことがあります。

小さいアリとは思えないほどの痛みがあり、5日ほどかゆい症状がありました。

Aya
Aya

常夏のフィリピンなので、サンダルやビーチサンダルをはく機会が多いので、実体験から注意しておいた方がいいな、と感じました。

虫刺され用のかゆみどめを塗って対応しましたが、かまれたアリの種類によってはは病院に行った方が良いケースもあるようです。

体に普段とは違う異変を感じたら、かまれたアリの写真を医師に見せられるよう撮影して、診察してもらう方法もあります。

※ジャパニーズヘルプデスクなら日本語対応可能です。

居住エリアにアリが出た時の対処法①

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG-7906.jpg

家の中で、ぱっと見てアリが10匹程度列をなして歩いていたら、もっとたくさんのアリが入ってきていると考えてよいと思います。

アリの行列をたどると、だいたい壁に空いている小さな穴が見つかります。(電気をつけるスイッチの周りや、壁がはがれてできた小さな穴など)

そんな時に、心強いのがバイゴンです。

私が雇っていたお手伝いさんは、バイゴンであらゆる虫を倒していました。

撃退手順①
アリが進入してきている穴に、Baygon(バイゴン)を吹きかけ
ます。

これで、その穴から入ってくることはありません。

が、今度は近くの穴から入ってくる可能性があります。

撃退手順②
先回りして、部屋に空いている小さな穴にバイゴンを吹きかけておくと完璧です。

Aya
Aya

日本にいる時は壁に小さな穴があるなんて想像もつかなかったけれど、フィリピンではあるあるだと思います。

このバイゴンという商品は、スーパーやコンビニなど、あらゆるところで売られている殺虫剤です。

Aya
Aya

一家に一本的な感じでどこの家にもありますし、マクタン島にある豊かな語学学校の売店で販売されているのも見かけたことがあります。

いかにも体に悪い臭いがするので、スプレー後は換気をしっかりしてくださいね。

居住エリアにアリが出た時の対処法②

日本から持ってきた顆粒タイプのアリの巣ころりをためしたことがありましたが、コンドミニアムに出てくる小さなアリは食いつきませんでした。

そんな時に、同じように移住してきている日本人の方に紹介してもらったのがこちらの液体状の物。

バルコニーにおいてしばらくするとアリがたくさん寄ってきますが、その後、出てこなくなったのだそう。

アリに毒の入った蜜を食べさせて、巣に帰って巣ごと撃退してもらう仕組みなのだそう。

アリメツは、セブ島のいるアリも食いつくので、セブに移住する方は1つ持っていると安心だと思います!

フィリピンでみかける、その他の虫

基本的に高級ホテルでは出ませんが、語学学校の寮やコンドミニアムでは見かける可能性があります。

●ゴキブリ
築年数がたってきたコンドミニアムは出がちです。

私が住んでいるのは築浅のコンドミニアムですが、ドアの下の隙間から入ってきたことを見たことがあります。

ドアの下にバイゴンを定期的に吹きかけたり、新聞紙を長細く丸めたものをテープで止めて、ドアの隙間に詰め込んだりして対応していました。

●ネズミ
虫ではありませんが、セブのローカルエリアでは大小にかかわらず見かけます。

スーパーでもネズミトリ紙が売っているほどです。

3年間セブに住んだ間で、1回だけ部屋でネズミを見かけたことがあります。

その時はネズミ捕り紙で捕獲して、お手伝いさんに捨ててもらいました。

●日本ではあまり見たことのない黒い虫
窓をあけていると8階でもたまに入ってくる、足の長い黒い虫がいます。

体調はだいたい2cmくらいあって、私は日本では見たことがありません。

悪さをしてきそうな感じはしませんが、サイズが大きくて気持ちが悪いので、バイゴンで退治するか外に出て行ってもらっています

Aya
Aya

フィリピンの家に網戸は基本的にないので、換気するときに入ってきてしまうことがあります。

●トカゲ
体調10センチも無い、小型のトカゲはわりとどこにでもいます。

コンドミニアムの廊下で見かけたことはあまりありませんが、ごくまれに家に入ってくることがありました。

自然豊かな語学学校で、寮が低層階の場合は部屋に入ってくる可能性があります。

最後に:虫の多い国フィリピン

今回はフィリピンで出会うことの多い虫と、その対処法についてまとめました。

旅行で高級ホテルに泊まるならそこまで出会うことはありませんが、留学(特に自然が豊かなエリア)の場合は、虫よけスプレーやぬり薬を持っているだけで安心です。

滞在スタイルに合わせて、必要となるそうなものを日本から持参できるとよいですね。

こちらの記事がフィリピン滞在の1つの参考となれば嬉しいです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました