子どもが英語ペラペラになるまでの記録④:人生を変えた「退職」と「セブ島就活」&語学学校探し

バイリンガルの記録

こんにちは。
セブ島に3年間、教育移住をしていたAyaです。

「子どもが英語ペラペラになるまでの記録」シリーズは、2人の子どもがバイリンガルになるまでの様子を記録したものです。

今後、英語育児をされる方の参考にしていただけたらと思って綴ったものです。

詳しくは、シリーズの①にて、私たちのことや、この記事を読んでわかることをお伝えしていますので、詳しくお知りになりたい方は、そちらをご覧ください。

4回目の今回は私の人生のターニングポイント「退職」をきっかけに、セブ島への親子留学&教育移住に一歩踏み出す過程について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人生を変えた「退職」

私はなーたんが年長さんの冬に13年間勤めた職場を辞めることにしました。

Aya
Aya

長く続けたことを辞めるのは勇気のいることでした。
職場環境も変化していき、愛着はあったものの、自分のやりたいことは何なのかを考えて、退職することにしました。

私は有休消化に入ってすぐに、留学エージェントに出向きました。

在職中は行けないとあきらめていたセブ島への親子留学でしたが、時間の出来た今なら長期の親子留学に行くことができます。

オンライン英会話で出会ったような素敵な先生に出会えるに違いないという前向きな気持ちもありました。

また、13年間がんばってきた私へのご褒美旅行という位置づけで、夏休みに3週間、親子留学することを決めました。

くー
くー

ぼく、まだちゃんと英語をお勉強したことないんだけど、大丈夫かなぁ。

Aya
Aya

しまった!なーたんの英語育児に気を取られて、くーの英語のお勉強させてあげてなかったね。まぁ、何とかなるよ。

語学学校を決めたポイント

親子留学は英語を勉強するための物ですが、私が最終的に語学学校選びでこだわったのは、清潔な住環境安全性でした。

Aya
Aya

留学エージェントにすすめられた語学学校の宿泊施設の雰囲気が暗くて清潔感が無いように感じ、無理!と思いました。
それからは、綺麗な宿泊施設の優先順位を高めて、学校探しをしました。

私が決めた学校施設はITパークにあり、治安が良くコンドミニアムホテルまでは優しいドライバーさんが送迎をしてくれました。

始めて訪れるフィリピンに親子留学する私たちにとっては安心できるポイントでした。

正直、カリキュラムはどの学校も同じに見えたので途中から重視することはやめました。

Aya
Aya

最近は様々な親子留学受入校ができていますから、子ども用のカリキュラムはある程度重視して選んでおくと、よりお子さんにあった学校が見つかると思います。

こうしてなーたんと私は1日5コマのマンツーマンレッスンを受けることになりました。

くー
くー

ボクは年齢制限があって、語学学校には行けなかったよ。

語学学校に入学こそできませんでしたが、インターナショナル幼稚園に通学することが決定しました。

英語も勉強したことが無いのに、大丈夫なのでしょうか…!

スポンサーリンク

人生を変えてみる決断「セブ島就職」

私はセブ島への語学留学を決めたとほぼ同時期に、セブ島で働くことを決意していました。

そう、37歳にして転職、しかも子連れ海外で。

無謀すぎますよね。

ちなみに私、英語を話すことはできません。

19歳の時にニューヨークへ1ヵ月語学留学した程度で、大学は国文学科出身です。

だから、仕事をやめてからは英語の猛勉強を始めました。

急に勉強したところで、英会話はおろか、ビジネスレベルで英語ができるようになんてならないことは知っています。

Aya
Aya

でも、私は、今しか出来ないことだって思ったんです。

たまたま、37歳の時にやろうと思った。

だから、私はこの年でチャレンジすることにしました。

・海外勤務という新しい挑戦をしたい
・親子留学だけでなく、そのまま現地校に入れて子どもたちをバイリンガルに育てたい

調べてみると、セブ島就職を紹介する「ジョブポット」が見つかり、初めは英語を話せなくてもできる仕事があることを知りました。

日本に残していくことになる旦那さんにも話をしてみました。

初め、私の考えに驚いたもののすぐに理解を示し、教育移住に興味をもってくれました。

そして、2-3年の期間限定で教育移住する方向で意思を固めました。

旦那さん
旦那さん

アイディアはいいけど、治安面についてもう少し調べておこうか。

就職活動をしたところ、私はセブ島へ親子留学に出発する前に、内定をいただくことができました。

就職活動は全てWeb上で完結しました。

履歴書や職務経歴書はフォームに添付して提出し、面接はSkypeのビデオ通話でした。

人それぞれの考え、人生を変える家族

余談にはなりますが、私と同じようにセブ島に教育移住する方を見ていて感じたことを記します。

私がセブ島で出会った教育移住組の人の中には、子どもへの英語教育だけでなく、人生を変えようと思ってきている人を見かけました。

・何かしらの苦労があってセブで新しく子どもと自己成長したいと思った
・離婚したのをきっかけに人生を変えたいと思った
・ビジネスを始めるために来た
・日本の教育に子どもが合わない

共通しているのは、環境を変えたい、よりよい人生を歩みたいという前向きなパワーでした。

教育移住の魅力は、人生を変えることも挙げられるように私は感じています。

日本から飛び出すことで、日本特有の考え方から抜け出し、違った角度から物事を見ることができるようになる面もあります。

便利な日本の生活に慣れた私たちにとって不便なこともありますが、親子共々生きる力や経験を積むことが出来ます。

「生きる力を養うセブ島生活」についてはAERA.dotにて記事を書かせていただきました。

Aya
Aya

海外在住ママからたくさんの共感いただいた記事です。

また、南国気質の開放感に加え、子どもに優しいフィリピンでの子育ては、親子共々のびのびと生活できるところも魅力です。

セブ島への教育移住準備

こうして、私の語学学校探しと、教育移住は確定しました。

現地についてから家探し、なーたんのインターナショナルスクール探しお手伝いさん探しが待っていました。

まだまだ課題は残りますが、就職先が内定したことで大きな一歩を踏み出すことができました。

Aya
Aya

親戚に移住について報告したところ私たちの決断に驚く人ばかりでしたが、旦那さんのフォローのお陰で反対されることはありませんでした。

しばらく日本で働く旦那さんとは離れ離れになりますが、私と旦那さんの気持ちは同じ方向を向いていました。

まだ3歳だったくーは状況が分かっていませんでしたが…。

小学校1年生のなーたんも楽しそうにセブ島のガイドブックを見て夢を膨らませ、出発の日に向けて準備をすすめていました。

次は、いよいよ親子留学への出発&教育移住編です。

【AERA English 特別号】英語に強くなる小学校選び 2020 (AERAムック)にて、見開き2ページの教育移住記事を書かせていただきました。
「1年で子どもが英語ペラペラに? セブ親子留学のススメ」
英語教育に興味のある方には必見の雑誌となっています!
【AERA English 特別号】英語に強くなる小学校選び 2020 (AERAムック) | |本 | 通販 | Amazon
Amazonでの【AERA English 特別号】英語に強くなる小学校選び 2020 (AERAムック)。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また【AERA English 特別号】英語に強くなる小学校選び 2020 (AERAムック)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました