ドバイの子連れおすすめホテル【アトランティス・ザ・パーム】を写真56枚でレポート!

アトランティス全景ドバイ旅行2020

ヤシの木の形をした人工島、パークジュメイラの先端にあるアトランティス・ザ・パーム。TVでも取り上げられることが多く、ドバイならこのホテル!という印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

私が宿泊してみて感じたことを端的に表すと下記の通りです。

●立地がラグジュアリー
 パークジュメイラの先端に建つ有名ホテル
 著名人も宿泊しており知名度抜群
●アクティブ派&子連れにぴったり
 ロストチェンバー水族館
 アクアベンチャー・ウォーターパーク
●のんびり派にもぴったり
 広々としたプール&プールチェア
 整備されたビーチ
 ホテルが広く散歩するだけで気分があがる

今回は、宿泊者特典と、クラブフロア宿泊者特典も交えながら、アトランティス・ザ・パームについてレポートしていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

広々としていて快適なお部屋

私たちは大人2人子供2人の4人で宿泊したので、ツインのお部屋にしました。海が見渡せるお部屋は広々としており、開放感があります。トランクを広げる十分な広さがあります。

バスタブとシャワールームはそれぞれ分かれています。ベッドルームとバスルームの敷居が欲しい場合は、スライド式のドアがあるので空間を分けることができます。写真は、明けている状態です。

バスルームには、シャワールームやトイレ、洗面台、バスタブが配置されています。洗面ボールの周りのスペースも広くとられているので、化粧品などを置くのには困りません。

なお、シャワーは固定式と可動式で手に持つことのできるシャワーの2種類が用意されています。

アメニティも歯ブラシや、シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ペットボトルのお水を含め各種そろっています。

また、ホテル特製のスリッパがふかふかしていてとても履き心地が良かったです。くしやブラシが無かったので持参することをおすすめします。

廊下ですれちがったハウスキーピングの方が、もし足りないものがあったら言ってね!と気軽に声をかけて下さり、本当に何か困ったことがあったら相談できる雰囲気に嬉しくなりました。滞在中、特に何かが不足することはなく、お願いすることはありませんでしたが、心遣いが嬉しいですね。

こちらはチェックインの際に受け取るクラブフロア利用ガイドと、ホテルマップ、ルームキーです。クラブラウンジの特典であるラウンジ利用の時間帯などが記載されています。

扉をはいってすぐのところは、冷蔵庫やコーヒーメーカーが用意されています。ウェルカムフルーツも4種類用意されていました。冷蔵庫の中身を触ってしまうと感知して、購入したことになってしまうそうなので、子どもたちには念のために冷蔵庫は触らないように伝えておきました。

朝食レストランsaffron

チェックインの際にクラブラウンジの朝食もおすすめとお聞きしていましたが、私たちはSaffronで朝食をたべることにしました。

子連れの場合は、たくさんの種類のお料理がある方が子どもにヒットするものが見つかることが多いので、広いビュッフェレストランを選ぶようにしています。

写真では写し切れていませんが、レストラン内は広く、人もたくさんいます。人の流れが多く、ぶつからないか気にしなければならないほどの人の多さです。

まずは、パンのコーナーです。クロワッサンやデニッシュ、マフィン、などベーシックなパンが並びます。

インド、日本、中国、アラビア、洋風、各国の料理がそろいます。日本料理もお寿司やおそばなどがそろっていて、欧米の方も楽しまれていらっしゃいました。

中華もいろんな種類があって、ついつい食べ過ぎてしまいます。

ハムやスモークサーモンや、サラダ類もそろいます。

広い店内だけあって、ビュッフェカウンターがいろんなところに分散しているので、人の多さの割に並ぶことがありません

卵料理を作ってくれるブースも複数あるので、並んでいないところを選ぶと良いと思います。

子どもに人気だったのは、こちらのドーナツでした。ディスプレイも面白いですね。

娘はこの巨大なチョコレートファウンテンが一番うれしかったのだそう。大好きなグミも一緒に置いてあったので満足気でした。

フルーツジュースも各種揃っています。私たちが行った時にはヨーグルトの補充がやや間に合っていない感じはありましたが、それを除いて何かが足りないなと感じたことはありませんでした。

朝から様々なものを食べることができて大満足の朝食となりました!

スポンサーリンク

宿泊者が無料で利用できる施設

ロストチェンバー水族館

失われた古代大陸アトランティスをイメージして作られたテーマ性のある水族館。冒険しているような気持になる水族館でした。

65000匹の海洋生物がいるそうですが、規模はそこまで大きくなく、短時間でさっと回ることができます

見どころをしっかり作ってくれているので、 見ごたえのある楽しい水族館です。

クラゲの水槽も一味違った雰囲気で、まるで海底にいるような気持を味わうことができます。

水槽の中のデコレーションもこっていますし、通路も古代遺跡を思わせる装飾がされているので、まるで古代遺跡の中を冒険している気分です。

水族館を出たたところにあるショップでは宿泊者は20%割引で購入することができます。

この水族館ではイルカには出会わなかったけれど、娘はイルカのぬいぐるみを、息子はイルカのペンライトになるキーチェーンをパパに買ってもらっていました。

アクアベンチャー・ウォーターパーク

大規模なウォーターパークで、迫力あるスライダーや趣向の凝らされた流れるプール、子ども用のプールなどが充実しています。

おすすめはこちらの、水槽の中をチューブで流れて行くスライダーです。

チューブは写真のように1人乗り用の他に、2人の利用も選ぶことができるので、パートナーやお子さんと一緒に挑戦してみるのも良い思い出になりそうです。

面白いスライダーだけあって、スマホで撮影しながら滑っている方を何人か見かけました

こちらのピラミッド型の建物に、さきほどの水槽の中を抜けるスライダーや、急降下するスライダーなどがあります。レベルに合わせて色々と挑戦できそうです。

もう一つ、斬新で面白いと思ったのが流れるプール。

ただ、ゆらゆらと流れているプールとはまた別のコースとして、激流でどんどん流れて行くプールがあります!

写真の通り、激流が起こるところはスピードが出て面白いです。顔に少し水しぶきがかかる程度なので、お子さんでも安心して挑戦できますよ。

そして、アクアベンチャー・ウォーターパークはキッズフレンドリーなので、子ども用のスライダーも充実しています。

子ども用の短いスライダーながらもチューブにのってるすべるものもあり、6歳の息子なりにスリルを感じて喜んでいました。噴水のエリアもあるので、スライダーが苦手なおこさんも楽しめますよ

監視員さんも各スライダーについていてくれて安心です。

このあたりのプールサイドチェアは他のエリアよりも空いていることが多いのでおすすめです。バスタオルは、タオルステーションで家族の人数分受け取ることが可能です。

なお、ホテルからアクアベンチャー・ウォーターパークまでは、バギー(ゴルフカート)の利用が便利です

宿泊者は途中、モノレールの高架下あたりのチケットカウンターで降りてリストバンドをもらってくださいね。バギーは時刻表はありませんが9:45-日没までの間は随時走っています

プールとビーチの間の道に停留所があるので、この看板のあるところで待っていると乗車することができます。

みんながアクアベンチャー・ウォーターパークからホテルに帰る時間帯になると混んで乗れないことがありますが、歩いて帰ることのできる距離なので、夕方の涼しい気候の中を、海沿いのお散歩を楽しむのもおすすめです。

KIDS CLUB

午前中と午後にキッズクラスがあります。こちらのKIDS CLUBでは3-12歳の子どもが入ることができ、3-7歳のクラス、8-12歳のクラスに分かれています。朝のクラスは10:30-13:30、午後のクラスが14:00-17:00で開催されています。途中からの参加も可能です。

ランチやディナー、スナックの料金などは別途になるようですので現地で確認してみてくださいね。また、 夜は17:30-20:30 でアラビアンナイトや、サイエンスなどのテーマを決めてイベントが開催されています。

KIDS CLUB内にはロストチェンバー水族館が見えるこんな素敵なお部屋もあります。

アクティビティの内容はアトランティス公式ホームページから確認できるので、内容をチェックしてみてくださいね。大人だけでゆっくり食事やお茶をすることができる貴重な機会に恵まれます。

この他にも13-17歳のお子さんの参加できるプログラムもあります。

宿泊者が無料で利用できる特典は下記の3つです。

・ロストチェンバー水族館
・アクアベンチャー・ウォーターパーク
・KIDS CLUB
家族4人で行こうと思うと入場料だけでけっこうなお値段になるので、私たちはアトランティスに宿泊してゆっくり楽しむことに決めました。
 
結果、子どもたちからは大好評でした。子どもは観光よりも水遊びで体を動かすのが大好きです。

リゾート感あふれるアトランティスの施設

下記の者も無料で利用できる施設です。

スイミングプール

ホテルのプールは広々としていて気持ちよく、小さな子どもでもひざ程度の水深のプールもありキッズフレンドリーです。

プールの中にお水と一緒に遊べる遊具などがあるわけではありませんが、キッズ向けのアクティビティーも用意されています。

ライフベストは、スタッフに声をかける必要もなく自由に借りることができます。1-2歳の小さなお子さんでも使えるサイズがそろっていました。

プレイグラウンド

プールとアクアベンチャー・ウォーターパークの間あたりに海をモチーフとしたLittle Atrantis playgroundがあります。

また、プール横にはこんな楽しいLittle Pirates Playgroundがあります。子どもは何かと楽しめそうです。

ペルシャ湾を望むビーチ

人工島のビーチなのであまり期待はしていなかったのですが、海の水は澄んでいて、みどりがかった水が大変美しい海でした。ビーチも裸足で歩けるほどに整備されていて快適です。

ビーチチェアに設置されている、こちらのボタンを押せば、ドリンクなどをオーダーすることができます。

バスタオルは自由にかりることができ、ビーチチェアでゆっくりくつろぐことができました。こちらのビーチに出ると、広角のカメラ搭載しているスマホならホテルの全景の撮影することができます。

クラブフロア宿泊者特典

インペリアルクラブラウンジ

クラブフロアに宿泊すると無料でアクセスすることのできるラウンジがあります。

入り口で部屋番号を言って、登録されたパスポートの顔写真と実物の顔をチェックされます。朝食、アフタヌーンティー、カクテルタイムの3つがありました。

上記の時間外にはドリンクとクッキー程度の食べ物の提供がビュッフェ形式であります。

サンドイッチ、スコーン(クロテッドクリームあり)、焼き菓子などの他に、フルーツジュースや、子どもが喜ぶ棒付きキャンディーやデーツが並びます。

飲み物は、エスプレッソマシーンが用意されていました。この他にも紅茶もありました。

室内は落ち着いたインテリアとなっていますが、食べ物のある時間帯は混み合い、活気があります。

私が便利だなと感じたのは、このラウンジには外でいただくことのできるテラスがあります。

プールやビーチから帰ってきて、こちらで小腹を膨らませてまた戻っていくファミリーを何組もみました。体が水でぬれていると室内の冷房は寒く感じますから、こうして屋外で外の風を感じながらアフタヌーンティーを楽しめるのはありがたいですね。

パンプディングやサンドイッチなど、プールで遊んで疲れた体には嬉しくてついつい色んな種類に手が伸びます。

高級車での空港送迎

行きの車も素敵でしたし、空港まで送ってもらう車も室内のインテリアが皮張りでお洒落でした。空港まで30分程度で到着することができますので、ホテルを出発するのはフライトからだいたい3時間前となりますが、希望によっては早めることも可能です。チェックインの際に空港へ送ってもらう時間を決めますので、相談してみてください。

コンシェルジュサービス

ラウンジの近くに、コンシェルジュが常駐しています。チェックインもこちらでできますし、レストランの予約やアクティビティの手配、どんなレストランがおすすめかなど、教えてもらうこともできます。ただでさえ大きなホテルなので、希望に合わせておすすめを紹介してもらえるのはありがたいですね。とても優しい方ばかりでした。

アトランティス・ザ・パームのいろいろ

ショッピング

ショッピングアーケードがあり、ジュエリーなどを見て回るのもリッチな気分で楽しい雰囲気です。

また、子どもの好きなおもちゃ屋さんトイキングダムも入っていました。

水着などを売るカジュアルなお店もあります。

駅に向かう道の途中では、アイスクリームのコールドストーンや、スターバックスもあります。

WAVE HOUSE

夜のフライトの送迎時間までホテルで過ごし時間としてお勧めされたのが、こちらのWAVE HOUSE。

ホテル内には、ネオンギラギラのボーリング場がありました。

ゲームセンターもありますが、お値段が少々お高めとなっています。

WAVE HOUSEにはカジュアルなレストランもありますので、家族連れでも気兼ねなく食事をすることができ、こちらもおすすめだとコンシェルジュの方が教えてくれました。

最後に

アトランティス・ザ・パームと言えば、ドバイのさらにパークジュメイラに立つ立地と言い、宮殿のような巨大な見た目と言い、高級なホテルのイメージが私自身ありました。

でも、宿泊してみるとリゾート感のある開放的なホテルで、子どもも思いっきり楽しめるホテルだなと感じました。また、子連れやベビーカーの多さにも驚きました。

アトランティス・ザ・パームの客層は下記の通りとなっています。

1位 イギリス
2位 インド
3位 中国 or イタリア
そして、特にイギリス人の方は子連れの方から人気のホテルとなっているのだそう。だからベビーカー連れの方が多かったのかと納得です。また、ウォーターパークがあることから、小学生くらいのお子さんもとても多い印象でした。
 
客層の国籍については時期によって変動するそうですが、日本人はだいたい5%くらいとのことでした。

リゾート感が感じられて、アクティビティーを楽しむことができるアトランティス・ザ・パーム。子連れ旅行の参考として、この記事がお役に立てれば幸いです。

なお、ラッフルズドバイの宿泊体験記もあります。エンターテイメント性と知名度では抜群のアトランティスですが、私は実はこの2つのホテルにとまってみて、実はラッフルズドバイの方がゆったりできて好きでした。(子どもたちは断然アトランティス派ですが…。)

・優雅な朝食
・部屋の広さと家具の上質さ
・観光に便利な立地
・サービス

アトランティスとはまた全く異なるタイプのホテルです。ゆったりした優雅さを感じたい方は、ラッフルズドバイの記事もチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました