ドバイ観光子連れ旅行記③:ホテル移動&バスタキヤ地区散策&ドバイファウンテン

バスタキヤ地区ドバイ旅行

年長&小学校3年生の子供たちと一緒に訪れたドバイ観光旅行。

3回目の今回は、仮眠したホテルからラッフルズドバイに移動し、バスタキヤ地区を観光した時の様子を紹介します。

観光客に人気のアラビアンティーハウスで、子供の食いつき抜群の夕食を食べ、ドバイモールまでドバイファウンテンを見にモノレールで移動。

最後は世界一の巨大水槽に出会えて興奮!

子連れでも充実のドバイ旅行2日目を過ごすことが出来ました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラッフルズドバイへチェックイン

空港からタクシーで10分程度で到着できる場所に位置するラッフルズドバイ。

仮眠の為に宿泊した4つ星ホテル ミレニアム エアポート ホテル ドバイ からもほぼ10分、タクシーで500円程度で到着することができました。

ラッフルズドバイは、メトロの駅も徒歩圏内で便利な立地です。

エントランスからゴージャスで、ドバイの5つ星ホテルの格の高さにさっそく気分が上がります。

普通の部屋を予約しましたが、ラッフルズドバイのお部屋はまるでスイートルームのように広々していました。

大人2人が寝転べるサイズの大きなソファー。

子連れにうれしい大容量のウォークインクローゼット。

お部屋からは、スカイラインが見え、遠くには世界で一番高い建物ブルジュカリファを見ることができます。

バスルームもセンスが良くて、お部屋から出たくなくなるほどでした。

ラッフルズドバイの滞在については下記のブログ記事でまとめています↓

ラッフルズは日本人にはあまり知名度は高くありませんが、特にドバイ在住の外国人の方から人気なのだそう。

ドバイの有名ホテルアトランティスにも泊まりましたが、ホテルの優雅さで言えばラッフルズドバイの方が上でした。

ラッフルズドバイからメトロ駅を使って移動

2月末の涼しい気候の時だったので最寄りのメトロの駅まで歩きました。

ホテルからDubai health care city駅までは徒歩5分程度。

ホテルのコンシェルジュで駅までの行き方を尋ねたところ、メトロマップを準備してくれ、ホテルの外まで道案内しに来てくれました。

Aya
Aya

滞在中、コンシェルジュには観光の相談や、次のホテルへの移動などについて相談するたび、手厚く教えていただきとても助かりました。

街は整然としていて、大きな段差も見当たらなかったのでベビーカーでも問題なく歩けるように感じました。

また、駅にはエレベーターも設置されていました。

バスタキヤ地区のあるAL Fahidi駅までは3駅で、乗り換えも必要ありませんでした。

スポンサーリンク

子連れでバスタキヤ地区散策

Al Fahidi駅を出るとしばらくこのようなローカルな雰囲気の道が続きます。

私はWi-Fiを持っていませんでしたが、オフラインでも使えるようにGoogle Mapをダウンロードし、人気レストランArabian tea houseを目印にしてバスタキヤ地区を目指しました。

道がまっすぐなので分かりやすかったです。

こんな綺麗な感じのお花の写真スポットが出てきたあたりから、バスタキヤ地区の景観が広がり始めます。

目印にしていたArabian tea houseもすぐそばに見えてきました。

夕方でしたが、店内はお客さんでいっぱいの様子。

夕食まではまだ早いので、私たちは先に散策することに。

現代アートと融合した興味深いエリアです。

たくさんのギャラリーを見かけ、気軽に立ち寄ることができました。

お土産物屋さんよりも、ギャラリーの方が多かったように感じます。

路地裏の風景も雰囲気があって、綺麗で素敵でした。

団体客のツアーの方にもたくさんすれ違いました。

Instagramでよく見かけていた、壁のアラビア文字を発見!

全く何を書いているのか分かりませんが街の雰囲気にあっていて素敵でした。

歩いているうちに、何件かお土産屋さんにも出くわしました。

スークの客引きよりは断然落ち着いていたので、自分のペースで見ることができました。

子連れでも楽しい!アラビアンティーハウスのディナー

店内は青と白のコントラストが美しく、葉っぱとお花のピンクが映えていました。

アラビア式アフタヌーンティーもありましたが、私たちは早めの夕食をとることに。

店内には観光客がいっぱいで、夕方5時過ぎでしたが15分ほど待ちました。

実はアラビア料理の予習を全くしていなかったのですが…どれも本当に美味しかった!!

アラビア料理がこんなに美味しいだなんて知りませんでした!

家族4人とも普段以上に食べていました。

右上のお豆のトマト煮を、左側にあるパンにつけて食べるのですがこれが本当に胃に染みわたる優しいお味でした。

このチキンの乗ったライスも、美味しくて美味しくて無限に食べられそうです。

若干、長時間のフライトでまだ疲れが抜け切れていない私たちでしたが、このライスとチキンを食べていたら美味しすぎて、元気が復活してきました。

チキンのケバブも焼き立ての熱いものがサーブされます。

くー
くー

この鶏肉とっても大きくて食べ応えがあるし、美味しいよー!

普段フライドポテトにまっしぐらな子どもたちも、ポテトは素通りしてケバブにかじりついていたほどでした。

ティーポットでサービスされるお茶も程よく甘くておいしくて、子供の口にもあった様子。

なーたん
なーたん

食器がとってもかわいかったよ。甘い紅茶もおいしい~!

ただ1つマンゴーシェイクだけは独特の風味があって、私たちの口には合いませんでした。

それを除けば何もかもが本当に美味しくて、子供もたくさん食べてくれました。

ドバイモール・ドバイファウンテンへ

Al Fahidi駅に戻って、次は7駅先のBurj Khalifa/Dubai Mall駅を目指します。

1駅乗り換えがありますが乗り換えも分かりやすく、電車もすぐに来るので子連れでもスムーズな乗り継ぎでした。

通勤時間になりメトロも人の混雑はありましたが、満員電車というほどでもなく快適な乗り心地。

また、子供に席を譲ってくれる方もいらっしゃいました。

写真真ん中は2020年2月現在、世界で一番高いビル、ブルジュ・カリファ

Aya
Aya

2021年にはドバイに1000mを超えるタワーが完成し、そちらが世界で一番になるのだそうですよ。

ドバイモールまでは駅から1キロほど離れていますが、専用道が駅から出ていることと、歩く歩道があるので安心です。

改札を出たら、Dubai Mallと書いている方向に進みます。

ブルジュ・カリファを背景にドバイファウンテンを見ることができる場所は人がたくさん。

背の低い子供が見るにはハードルが高そう。

と、いう事で奥にある橋を渡ったところにある段差から鑑賞することに。

ドバイファウンテンは世界最大の噴水ショー(2020年現在)なのだそうですが、5分間のみとなっています。

確かに見ごたえと迫力はありましたがあっという間に終わってしまった感じもありました。

Aya
Aya

さすがドバイのキラキラ感がありました!

帰ろうとしたところ、今度は世界で一番大きな水槽に出くわしたので、お魚を眺めることに。

中は大したことないという口コミを見たので、外から眺めるだけにしました。

無料の鑑賞エリアに、ドバイファウンテン帰りの人が集まってすごい人です。

娘は向かいのキャンディーのお店でショッピング。

いかにも小学生女子が好みそうなものがたくさん置いてありました。

そろそろ疲れも限界になりつつあるので、ホテルに帰ります。

2日目はゆっくりする予定が、バスタキヤ地区やドバイモールへ足をのばすことができ充実した一日となりました。

3日目は、ドバイからも1時間強で訪れることのできる、是非足をのばしたい観光地の1つ、アブダビの美しいモスクと、ルーブル美術館を訪れます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました